1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 09:54:01.93 ID:7DkMcYAdK.net
ワイ「関羽は武神でも軍神でもなくて商売の神やぞ」
バカ「」

ワイ「きっと桃園の契りという契約のお陰で荊州取られても五虎大将軍の地位を貰えた目先の良さが評価されたんやで」
バカ「・・・(涙)
800px-CHengdu_Wuhouci_Guanyu

関 羽
関 羽(かん う、? - 建安24年12月(220年1月)は、中国後漢末期の将軍。
蜀漢の創始者である劉備に仕え、その人並み外れた武勇や義理を重んじた彼は敵の曹操や多くの同時代人から称賛された。後漢から贈られた封号は漢寿亭侯。諡が壮繆侯(または壮穆侯)だが、諡号は歴代王朝から多数贈られた。

六朝時代の道教における、神格化された人間の一覧『真霊位業図』には曹操・劉備はいるが、関羽はいない。六朝時代ではまだ関羽の評価は固まっていなかった証拠といえる。北宋期『漢天師世家』で張天師が関羽を呼び出す話があり、この頃には人間に呼び出される程度の扱いであった。明初に書かれたとされる『道法会元』には「関元帥」と記されており、この時点でかなりの地位の向上がある。その後に「協天大帝関聖帝君」として神格化された。神格化されたのは仏教よりも後なのは確かである。
出身地は中国最大の塩湖である「解池」の近くにあり、そのため塩の密売に関っていたという推測もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/関羽