681: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/10(月) 11:05:31.86 ID:Uwykh+Ra0.net
昔から弟が嫌いで家族が嫌いで家庭に適応できなくて
事の発端は小学校低学年くらいから作ってる船舶模型のコレクション。
帆船模型もあったけど、弟と弟の友達にコレクションを壊されてから家族に適応できなくなって行った。

正当化するつもりは無いけど、兄なんだから妥協しろとか兄なんだから我慢しろとか
兄だというだけで理不尽を妥協できたり、弟の間違いが是正されない家庭環境に不満しか無かった。
是正されねばまた同じ事が起こる。それを危惧しているのに親はその意見を全く聞かなくて私だけが怒られる。
案の定、コレクションは何度も壊された。駅のコインロッカーに保管場所を移してお金が無くて取り出せない事もあった。

小学校5年生の頃にカウンセリングの時間があった。
兄というだけで理不尽を我慢させられ理不尽に怒られる現状をカウンセラーに話した。
後日、親と一緒に面談になりその時はカウンセラーの言葉を親が全て聞き入れ家庭環境の改善を約束した。

しかし家に帰ると待っていたのは暴力と矯正だった。
腹のアザを見せてやっとカウンセラーにも理解してもらえた。
私は施設に入ることを強く望み、親はそれを強く拒んだ。
理由は施設に入るお金が高いらしい事だったと思う。

父方の祖父の家に預けられる事になった。
元々じいちゃんっ子で船舶模型を作ってるのもじいちゃんが褒めてくれるから作り出したのがきっかけだった。
天国が訪れたと思ってた。 半年ほどはほんとに幸せでいい日々を送ってた。

祖父の家に住み始めてから半年後、親が祖父の家に来た。
弟が学校の遠足の山で事故に遭い、その時私に足を引っ張られて転落したのだと言ったそうで
霊視してもらったら兄である私が生霊として登場したのが原因だと言われたらしく、親が怒鳴り込んできた。

弟の悪事が是正されない理不尽な家庭の事なんて幸せいっぱいでもう忘れていたのに。
現場に居なかった私を責める理由が霊能者の言葉というのも理解が出来なくてもっと家族を恨むようになった。
祖父が「そんな理不尽で無茶な理由で子供を殴るな」と言うのも聞かず祖父の考えが古いだので口喧嘩。
(あぁ…このクズと一緒に住まなくなれて本当に良かった…)
そう思った瞬間に父が興奮しすぎて過呼吸になって救急車で運ばれた。