1: ばーど ★ 2017/07/21(金) 09:29:21.50.net
信者や観光客に祝福を授けるロボット牧師(16日、ドイツ東部ウィッテンベルクで)
no title

500年前にマルチン・ルター(1483~1546年)が宗教改革を始めたドイツ東部ウィッテンベルクに、牧師のように信者に祝福の言葉をかけるロボット「BlessU―2」が登場し、世界中から訪れる信者や観光客らに親しまれている。

優しい顔つきの「ロボット牧師」は今春、宗教改革から500年を祝うために建てられた教会の敷地内に設置された。
胸部のタッチスクリーンでドイツ語や英語などの言語を選択すると、両腕が動いて手のひらが光り「神のご加護を」などと語りかける。腹部からは祝福の言葉が印刷されて出てくる。

担当のファビアン・フォクト牧師は「人々が信仰について考えを深め、話し合うきっかけを生み出したかった」とロボット牧師を導入した理由を説明する。信者らの反応もおおむね良好という。

(ここまで336文字 / 残り149文字)

配信 2017年07月21日 09時13分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170721-OYT1T50035.html