1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 08:13:10.49 ID:acec4xrFp.net
ハンタでは特に説明もなく常識のように出てきたけど
no title

蠱毒
蠱毒(こどく)とは、古代において用いられた、虫を使った呪術のこと。蠱道(こどう)、蠱術(こじゅつ)、巫蠱(ふこ)などともいう。
犬を使用した呪術である犬神、猫を使用した呪術である猫鬼などと並ぶ、動物を使った呪術の一種である。
代表的な術式として『医学綱目』巻25の記載では「ヘビ、ムカデ、ゲジ、カエルなどの百虫を同じ容器で飼育し、互いに共食いさせ、勝ち残ったものが神霊となるためこれを祀る。この毒を採取して飲食物に混ぜ、人に害を加えたり、思い通りに福を得たり、富貴を図ったりする。人がこの毒に当たると、症状はさまざまであるが、「一定期間のうちにその人は大抵死ぬ。」と記載されている。
現代の伝奇作品などにおいて蠱毒が用いられることがある。蠱毒が用いられている作品としては、荒俣宏『帝都物語』や、星野之宣『コドク・エクスペリメント』の諸作品が有名で、この他『悪霊シリーズ』や『ゴーストハント』、『ゴクドーくん漫遊記』、『犬夜叉』、『妖魔夜行』、『霊媒師いずな』、『ぬらりひょんの孫』、『C3 -シーキューブ-』、『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』、『ねじまきカギュー』、『ギャラリーフェイク』、『HUNTER×HUNTER』、『イナズマイレブン』、『モブサイコ100』等にも蠱毒に関する話が登場する。


https://ja.wikipedia.org/wiki/蠱毒