no title

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/08/17(木) 10:26:43.61 ID:CAP_USER.net
社会
年に一度「産女の幽霊」ご開帳 (長崎県)

長崎市の光源寺に古くから伝わる「産女の幽霊」が1年ぶりに開帳された。

光源寺に270年近く伝わる「産女の幽霊」。
墓の中で子どもを産んだ母親の幽霊が毎晩、あめ屋に通い子どもにあめを与えて育てたと伝えられている。
江戸時代に作られた木彫りの像は毎年、8月16日だけ公開されていて、子どもたちは怖がりながらも心優しい母親の幽霊に手を合わせていた。
[ 8/16 19:09 長崎国際テレビ]

http://www.news24.jp/nnn/news8746574.html
no title

no title

産女
産女、姑獲鳥(うぶめ)は日本の妊婦の妖怪である。憂婦女鳥とも表記する。
死んだ妊婦をそのまま埋葬すると、「産女」になるという概念は古くから存在し、多くの地方で子供が産まれないまま妊婦が産褥で死亡した際は、腹を裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせたり負わせたりして葬るべきと伝えられている。胎児を取り出せない場合には、人形を添えて棺に入れる地方もある。
唐の『酉陽雑俎』前集巻16および北宋の『太平広記』巻462に載せる「夜行遊女」は、人の赤子を奪うという夜行性の妖鳥で「或言産死者所化(或いは産死者の化せる所なりと言う)」とされる。日本では、多くは血に染まった腰巻きを纏い、子供を抱いて、連れ立って歩く人を追いかけるとされる。『百物語評判』(「産の上にて身まかりたりし女、その執心このものとなれり。その形、腰より下は血に染みて、その声、をばれう、をばれうと鳴くと申しならはせり」)、『奇異雑談集』(「産婦の分娩せずして胎児になほ生命あらば、母の妄執は為に残つて、変化のものとなり、子を抱きて夜行く。その赤子の泣くを、うぶめ啼くといふ」)、『本草綱目』、『和漢三才図会』などでも扱われる。産女が血染めの姿なのは、かつて封建社会では家の存続が重要視されていたため、死んだ妊婦は血の池地獄に堕ちると信じられていたことが由来とされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/産女