1: タイガードライバー(徳島県)@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 07:47:54.97 ID:b9wr5uD90.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
毎日が火星とにらめっこ。
毎日火星画像を検証し、怪しいところを探し出してきてくれる火星マニアの人々のおかげで、今日も新たなる発見をお届けできる。

 ということで今回新たに発見されたのは、異星人のものとおぼしき隠された構造物の一群だそうだ。
たしかにこれは岩の仕業とは言えないくらい、きっちりと四角状になっているゲートのようなものがあるのがわかる。

この動画は2015年12月2日にYouTubeに投稿しされたものだ。
発見者である火星およびUFO異常観測家( Mars and UFO anomaly researchers)のサンドラ・エレーナ・アンドラーデは、これらは異星人が作り上げたもので、火星を観察する人々から自らの姿を隠すためにこの構造物を創り上げたという。

 現在、アンドラーデの動画は1万以上の再生数を獲得。多くの人はこの動画を信憑性のあるものと考えていて、火星にエイリアンが存在する確たる証拠と見ている。自然現象で作られたにしてはあまりにも幾何学的すぎるとの意見もあって、たしかにそう考えられるようにも思える。

異星人ハンターたちは、火星という惑星がエイリアンの前線基地であり、内部は住居となっていると信じている。
だから、彼らは火星に異星人がいる証拠を絶えず探しているのだ。

だがNASAは依然だんまりを決め込んでおり、荒唐無稽な説明でお茶を濁しているという。
しかし、それは、本当のことを隠蔽するためのNASAの策謀だと、異星人ハンターたちは考えている。

 アンドラーデの動画には、地下基地へ通じる出入り口も含め、問題の建造物を見つけるための方向が説明されている。
この機会にグーグル・マースをインストールして、火星の光景とともに、謎の建築物も探索してみてはいかがだろうか?

http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52207755.html

https://www.youtube.com/watch?v=tgM7uBFdzVU


no title

no title

no title

no title