h0152

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 15:34:56.20 ID:CAP_USER*.net
◆『アバター』待望の続編、2017年冬公開決定!

『アバター』の続編の公開予定日が2017年冬に決定した。
2009年の大ヒット作『アバター』の続編の公開が2017年冬に決まったことをジェームズ・キャメロン監督がモントリオール・ガゼットに明かした。

「クリスマス時期の12月17日公開を目標にしているよ。とにかく、これが今僕らがお知らせしたことだよ。
まあその事実よりも僕らが3つの映画を完結させてそれを1年ごとに公開していくことの方が重要だね。
僕はその3つの映画作品をメタ・ナラティブと呼ぶね。
1つ1つの作品は単体なんだけど、3つで大きな一つの物語を作り上げているんだ」


さらにキャメロン監督は撮影に向けての準備について
「デザインの準備はほとんど終わったかな。これはとてつもなく大きなタスクだよ。約2年間かかるからね。
登場するキャラクター、景色、パンドラの中に出来た新しい世界の部分が終わったかな。
脚本は現在も進行中だけど、もうほとんど終わっているね。
技術的な面、ステージセットや基盤も完了。
だからあと1年以内には撮影がスタート出来る準備が整っているんだ」
と続けた。

写真:ジェームズ・キャメロン
no title


Big Celeb-ビッグセレブ 2015年12月25日
http://big-celeb.jp/2015/12/post_4969.html
アバター
『アバター』(Avatar)は、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督によるアメリカとイギリスの合作映画。3D映像による劇場公開が大きく取り上げられた作品であり、世界興行収入は、歴代1位となる27億8800万ドル(当時のレートで約2518億円)を記録している。

あらすじ
アルファ・ケンタウリ系惑星ポリフェマス最大の衛星パンドラ。地球の熱帯雨林を思わせる密林に深く覆われ、特異な磁力による地形が神秘的な美しさを湛えるこの惑星の地下には、希少鉱物アンオブタニウムの莫大な鉱床が眠っていた。地球のエネルギー問題の解決の鍵となる希少鉱物を採掘するため人類はパンドラに進出するが、しかしパンドラにはナヴィという先住民族が住んでいた。RDA社(資源開発公社)は資源の採掘を願い出るも、ナヴィ達は地球側の提示する条件にまったく関心を示さなかった。資源開発の目的を果たすべく、RDA社は地球人とナヴィそれぞれのDNAを掛け合わせた人造生命体を作り、神経を接続する操作員の意識を憑依させたアバターとしてナヴィとの接触を図る「アバター計画」をスタートさせる。しかし、それでもナヴィ達はどのような申し出にも興味を抱かず、地球人から見れば未開で原始的な生活に満足するのみで、交渉は一向に進まなかった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/アバター (映画)