781: 底名無し沼さん 2017/07/20(木) 18:17:57.06 ID:hvuJjolS.net
こんな話もある。 
場所は関西;時は30年前 

仕事の関係で知り合った登山を趣味とする人物、木村の話だ。 
彼は学生の頃、地域の山岳会に所属していた。 
しかし、別の大学の大学院に入ったのを機会に、その会の人たちとは疎遠になって 
しまい関係は絶えてしまった。若いときにはよくあることだろう。 
ある日、下山中に登山道で腰掛けて休んでいる男性から声をかけられた。 
「すみません、ああ、やっぱり、木村くんでしょう?なつかしいね!」 
その初老の男性に見覚えがあった。 
「何年ぶりかね?そう、10年くらいになるね、河合だよ、XX山の会で一緒だっ 
た。何回か一緒に登ったね」 
そうだ、会で一緒だった会社員の河合さんだった。これは奇遇だと思った。 
木村は、退会後の不義理をわび彼と近況を報告し合った。 
河合は、すでに定年退職して悠々自適だという。懐かしい、ちょっと甲高い声で 
楽しそうに喋るのは昔のままだった。 
一緒に下山して連絡先を交換して別れた。その後、何度か一緒に山に登った。木村 
は仕事を持っているし、お互い住んでいるところが離れているので、そう頻繁に 
でもなかったが。木村に電話をかけると、いつも甲高い声でこたえてくれた。 
もらった年賀状で、彼の奥さんがその後逝去されたことも知った。 
一緒に登ると、木村は河合からいろいろな助言を受けた。山歩きのことだけでは 
なく、仕事のことや恋人との付き合い方まで(w) 
父親を早くになくした木村にとって、河合に父親のイメージを重ねた。