hy_00007_hdetailimg

1: 目潰し(秋田県)@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 12:17:12.99 ID:kBGVLlAm0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
◆海外で“新年のサイレントキラー”と紹介された日本のお餅
 内閣府の食品安全委員会が発表した「食品による窒息事故についてのリスク評価」によると、お餅は最も危険な食品のひとつ。
お餅はこんにゃくゼリーの30倍、飴の5倍ほど窒息事故の頻度が高い。あれだけ窒息事故で騒がれていた「こんにゃくゼリー」よりもリスクが高いというのは意外かもしれない。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1021779

 およそ5年前ではあるが、2011年1月4日のウォール・ストリート・ジャーナルによる報道では、日本の伝統文化のひとつであるお餅について、“Mochi: New Year’s Silent Killer”という見出しで紹介されている。直訳すれば“新年の静かなる殺し屋”で、海外の読者からは驚きや戸惑いの反響が多数寄せられていた。

 お餅が危険だからといってむやみに規制されないのは、やはり日本の古きよき文化のひとつと考えられているからだろう。地方のお祭りで事故が起きても何となく受け入れられていることも、こうした背景があるからなのかもしれない。

 もちろん、何よりの予防となるのは、お餅の危険性を正しく理解することだ。東京消防庁は、「餅は小さく切ってよくかんで食べる。のどに詰まらせた場合は、意識があるか確かめたうえで、反応があればあごを支えてうつむかせ、背中を強くたたいてはき出させる」などの対応を取るよう呼びかけている。

http://news.livedoor.com/article/detail/11020201/