no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/23(水) 18:14:20.869 ID:oHpFur2gd.net
座禅?
マインドフルネスストレス低減法
マインドフルネスストレス低減法(マインドフルネスストレスていげんほう)は、認知療法の枠組みに瞑想を統合した技法であり、仏教的な実践であるマインドフルネス(念)を中心としている。
1970年代に、生物学者であり心理学者であるジョン・カバット・ジンが特に痛みの緩和のために開発した。
心的過程を「脱中心化」し、とらわれずに、穏やかにただ観察する。起源は仏教にあるが、宗教的問題の解決ではなく、心身の健康に応用した。1990年代には、後にうつ病の治療のためにマインドフルネス認知療法(MBCT)へと展開した。MBSRが身体のストレスであるがん、慢性疼痛、心臓病や線維筋痛症に焦点を当てているのに対し、MBCTはうつ病、不安、燃え尽き、摂食障害といった認知に焦点を当てている。
危険な副作用を持っている可能性は低く、教育、妊娠中、刑務所などで使用されている。
2014年には『タイム』誌が「マインドフルの革命」と題した記事を載せ、このマインドフルネスストレス低減法を含めたマインドフルネスの技法への注目が集まっていることを記している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/マインドフルネスストレス低減法