838: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 16:16:56.05 ID:nef3V04b0.net
ちょっと長くなるかもだけど前世の話をします。 
 ちなみに4回生まれ変わってて、最初は人(前々前世)→虫(前々世)→人(前世) 
→人(現世)の流れで輪廻転生してます。 
 最初は縄文か弥生頃で性別は女、雨が降らなくて稲が育たず食うものに困った 
村人達はまぁその村の卑弥呼的なシャーマンに頼んで神託を受けた。 
 内容が豊穣の神に生け贄を捧げることで、早速シャーマンは村の巫女と 
村の男を交配させて生け贄を造らせた。 
 それが私だったみたいだ。 
 人間ではなく生け贄として生まれてきた私は小さな洞穴の中で世話係の 
男に世話をしてもらってた。その男以外私が接触を許されたのは同じ場所で飼われてる 
猪と豚を混ぜたような動物だけ、食事は木の実と何か小麦を磨り潰した粉に水を 
混ぜて練ったものを焼いた焼き餅的なのを2回与えられた。 
 数年が過ぎた頃、初めての月経が来た夜に儀式で焼かれて殺された。 
足元からじわじわ火炙りにされて焼かれた。 
 焼かれながら村人達の方を見るとあの猪と豚を混ぜたような動物も 
丸焼きにされていた。 
 その時思った事がある、取り敢えず村人が憎い、自分を連れていく神が憎い、 
友達(猪と豚を混ぜたような動物)を奪った奴等が憎い、私は死んでも絶対に神のもとなどへは行かない。 
 意地でもこの世にしがみついてやる。そう思いながら死んでいった。 
 死んだあとはその猪と豚を混ぜたような動物と一緒に 
村人達に食べられてしまった。 
 これが私の1回目の人生でした。