no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/01(金) 02:42:05.661 ID:2VRSYDPy0.net
1、根っから否定する人。アポロ計画自体否定してたり、11号しか月に行ってないと思ってる。ガチのキチガイ。
2、11号は行ってないが他は行ってるという奴。11号以外も言ってることを知ってるだけマシだがキチガイ。
3、部分的に否定する人。「月には行ったが映りが悪いから写真はセットで」「月には降りたが行ったのは影武者で帰ってきてない」など部分的に否定してる人。個体により大きく変わり、中には根っから否定してる人より狂ってる個体も。
4、賛同しないが疑うのも分かるとか言う人。疑うのが分かる理由が上記のキチガイと変わらず、大して変わらん。

結論。全員キチガイ。せめてwikiでも見てから来い。
アポロ計画陰謀論
アポロ計画陰謀論(アポロけいかくいんぼうろん)とは、アメリカがNASAを中心として1960年代〜1970年代に行ったアポロ計画(人類の月面着陸計画)が陰謀であったとする説(陰謀論)や捏造であったとする説のことである。
フィクションやジョークの類ではなく、事実としてアポロ計画捏造説を主張した最初の出版物はビル・ケイシングが1974年に出版した “We Never Went to the Moon”(我々は月に行ってなどいない)であるとされている。自費出版系の出版社から発行されたこの本は、著者の主張によれば3万部が売れたという。
キリスト教根本主義の一派である平面地球協会(地球は球ではなく聖書にあるとおり平らであると主張する団体)は、月着陸が捏造だとNASAを弾劾した最初の組織であり、1972年から2001年の協会代表だったチャールズ・ジョンソンは「SF作家のアーサー・C・クラークが脚本を書いて、ハリウッドのスタッフがアリゾナで撮影した」と主張していた。


陰謀説には、大きく分けて以下の2種類のものがある。
捏造説・ムーンホークス (Moon Hoax) 説
人類が月面着陸したというのは、アメリカの嘘(でっち上げ)であるという説。Hoaxは「インチキ」ないし「でっち上げ」の意味。

遭遇隠蔽説
月面着陸した際、宇宙飛行士が一般的に公表されていることとは別のもの(宇宙人やUFOなど)を見たが、それをアメリカは隠蔽しているとする説。

宇宙開発関係の専門家でアポロ捏造説を批判したものはいるが、支持すると表明したものは今のところ存在しない。バラエティ番組やジョーク番組には登場するが、ニュース番組や科学評論ではまじめに扱われてはいない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アポロ計画陰謀論