no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 22:47:55.83 ID:nxCv/m+5a.net
For medievalists or anyone with more than a passing interest, the most unusual element of the Voynich manuscript – Beinecke Ms. 408, known to many as “the most mysterious manuscript in the world” – is its handwritten text.
Although several of its symbols (especially the ligatures) are recognizable, adopted for the sake of economy by the medieval scribes, the words formed by its neatly grouped characters do not appear to correspond to any known language.
It was long believed that the text was a form of code – one which repeated attempts by crypt­o­graphers and linguists failed to penetrate.
As someone with long experience of interpreting the Latin inscriptions on classical monuments and the tombs and brasses in English parish churches,
I recognized in the Voynich script tell-tale signs of an abbreviated Latin format. But interpretation of such abbreviations depends largely on the context in which they are used.
I needed to understand the copious illustrations that accompany the text.
no title
ヴォイニッチ手稿
ヴォイニッチ手稿( ヴォイニッチしゅこう、ヴォイニッチ写本、ヴォイニック写本とも、英語: Voynich Manuscript)とは、1912年にイタリアで発見された古文書(写本)。未解読の文字が記され、多数の奇妙な絵が描かれていることが特徴である。大きさは23.5cm×16.2cm×5cmで、左から右読み、現存する分で約240ページの羊皮紙でできている。
未解読の文字で書かれた文章の他、大半のページに様々な彩色された生物を思わせる挿絵が描かれている。文章に使用されている言語は今まで何度も解読の試みが行われているが、解明されていない(当然ながら、本書の正式な題名も分かっていない)。

2017年、ニコラス・ギブズはヴォイニッチ手稿の中に中世ラテン語の医学書写本で使われた多数の略号と同じものが使われていることを発見し、この書物がラテン語で書かれた医学書であると発表した。植物の絵は薬草であり、浴槽に浸った女性の絵はこの書物が主に婦人科に関するものであることを示し(古代ローマでは入浴に医療的効果があると考えられていた)、十二宮はかつて治療と十二宮が関係すると考えられていたためであるとする。実際に中世の一般的な医学書から本文や絵を借用していることが認められた。(今回追加箇所)


https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴォイニッチ手稿

うしみつ関連記事:
【朗報】ヴォイニッチ手稿、解読されるかもしれない…?