1: 原唯之 ★ 2017/09/09(土) 16:31:02.96 ID:CAP_USER9.net
no title

体長が最大15センチにも達する巨大な外来ナメクジが、北海道で猛烈な勢いで生息域を拡大していることが、北海道大などの調査で分かった。鮮やかなヒョウ柄の模様が特徴の「マダラコウラナメクジ」で、このまま繁殖が続けば農作物への食害が懸念される。

http://www.sankei.com/smp/premium/news/170909/prm1709090013-s1.html