636ae4ff

125: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 07:26:32.16 ID:XnjL2kXB0.net
5年ほど前に住んでいたアパートの話。 
週末、息子2人が実家に泊まりに行ってしまい、旦那と2人で晩酌していた。 
先に私が眠くなってベッドへ行った。 
ベッドは窓側につけた感じに配置してある。 
6月半ばで少し蒸し暑かったが、エアコンをつけるほどではなかったので、ヒンヤリした窓にカーテン越しにピッタリ身体を沿わせ寝ていた。 

夜中2~3時頃だろうか? 
窓をコンコンと叩く音と「開けて」と、小さな女の子の声。 
時間的にもありえないし、窓側と言えど、ベランダのようなやや高さのある囲いがあるので子供がよじ登るのも厳しい。ちなみに一階の角部屋。 
アルコールが入っているし、夢だろうと思い再び眠りにつこうと試みたところ、また 
「コンコン」 
「開けてよぅ」 
と。 
夢じゃない。寝ぼけてもいない。幻聴でもない。 
だって、身体を窓にくっつけて寝ていて、身体にノックの振動が伝わってくるんだもん。 
泣きながら飛び起きて、まだ起きていた旦那にその出来事を報告。 
旦那、「泥棒じゃない?外見てくるよ」と言うも、外には誰もいないし人の気配すらない。 
私が「泥棒じゃないよ、小さい女の子の声だったもん」と言うも「寝ぼけてんだろ」と、全く相手にしてもらえず。 
とにかくまた寝室で寝るのは嫌だったので、リビングに布団を敷いて、旦那と一緒に寝た。