1: 野良ハムスター ★ 2016/01/27(水) 18:51:25.25 ID:CAP_USER*.net
イラン出身で元米海兵隊員のフセイン・ナイエリ(37)が2人の共犯とともにカリフォルニア刑務所から脱獄した。脱獄を検証している検察はナイエリを「ハンニバル・レクター」第2号と呼んでいる。

伝説的な映画「羊たちの沈黙」の主人公、ハンニバル・レクターと同様、ナリエリの残忍性は群を抜いている。2012年、麻薬ディーラーが密輸団の資金を隠蔽したと勘ぐったナリエリは、小型ガスバーナーを用いて相手を拷問にかけ、死に至らしめた。このほかナリエリは共犯者に無理強いし、他の容疑者の性器を切り落とさせている。

ヒザー・ブラウン検事はナリエリを「悪魔のように狡猾で凶悪」と評している。
ナリエリらは鉄格子を切り裂き、業務用トンネルを伝って逃走している。

ナリエリらの発見には5万ドルの懸賞金がかけられた。

no title

http://jp.sputniknews.com/life/20160127/1499682.html
img_0

ハンニバル・レクター

ハンニバル・レクター(英: Hannibal Lecter)は、『羊たちの沈黙』等、作家トマス・ハリスの複数の作品に登場する架空の人物。
著名な精神科医であり猟奇殺人犯。殺害した人間の臓器を食べる異常な行為から「人食いハンニバル」(Hannibal the Cannibal、ハンニバル・ザ・カニバル)と呼ばれる。
トマス・ハリスの創作したキャラクターの中でも代表的な人物であり、特に1991年の映画『羊たちの沈黙』によって世界的に知られるようになった。元々は1981年に刊行された小説『レッド・ドラゴン』の登場人物で、物語における重要な人物ではあるものの、脇役に過ぎなかった。その後、その存在感を惜しんだハリスが1988年刊行の小説『羊たちの沈黙』で再登場させ、以降、映画の人気もあってシリーズ化され、彼の名を冠した続編『ハンニバル』(1999年)や、その半生を描いた『ハンニバル・ライジング』(2006年)が刊行されることとなった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ハンニバル・レクター