no title

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火)12:01:38 ID:SOa
デイヴィッド・チャーマーズ
哲学的ゾンビで有名
数学オリンピックで銅メダルをとったが哲学者の道に進む
唯物論は間違っていて、意識の根底には意識子とも言える物があるという

ピーター・フェンウィック
ケンブリッジ大学医学部卒
王立アカデミーフェロー
臨死体験の研究者
臨死体験の可能性として霊魂説も視野に入れている

イアン・スティーヴンソン
カナダの名門マッギル大学医学部を首席で卒業
生まれ変わりの研究者
ヴァージニア大学・医学部・精神科では今でも生まれ変わりの研究が行われている
弟子のジム・タッカーが研究を引き継ぐ
生まれ変わりのメカニズムとして
意識を運ぶ「心搬体」というものを仮説に取り入れた
デイビッド・ジョン・チャーマーズ
デイビッド・ジョン・チャーマーズ (David John Chalmers、1966年4月20日 - )は、オーストラリアの哲学者である。心の哲学の分野における指導的な哲学者のひとりで、2006年現在オーストラリア国立大学の哲学教授であり、同校の意識研究センターのディレクターを務めている。
チャーマーズが好む思考実験の一つに、普通の人間と全く同じだが唯一、内面的な経験(クオリア)だけを欠いた哲学的ゾンビの話がある。彼はこの哲学的ゾンビの概念を用いて、ゾンビ論法または想像可能性論法と呼ばれる、唯物論を否定する論証、を行う。この論証は彼の立場の最も基礎的と言える部分に位置している。そのためチャーマーズを批判する研究者は、このゾンビ論法の部分に焦点をあわせて議論を展開していくことが多い。
とはいえチャーマーズはゾンビ論法の結論、つまり唯物論の否定、を前提に話を進めていく。そして難しい問題に直面する。それは内面的な経験(現象的意識やクオリアと呼ばれるもの)とは一体何なのか、という問題である。この問題をチャーマーズは意識のハード・プロブレムと名づける。 意識のハード・プロブレムはチャーマーズが提唱した概念の中でも、最も有名なもののひとつとなっている、チャーマーズが初めてハード・プロブレムについて言及したのは1994年のツーソン会議での発表時である。
1994年当時まだ28歳の駆け出しの研究者に過ぎなかったチャーマーズであったが、ハードプロブレムについての議論は大きい反響を呼び、ノーベル賞受賞者を含む多くの研究者から25もの論文が返答として寄せられた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/デイビッド・ジョン・チャーマーズ

no title
ピーター・フェンウィック 
ピーター・ブルックカドガン・フェンウィック ( Cadogan Fenwick 、1935年5月25日生まれ)は、 癲癇と終末期現象の研究で知られている神経精神医。
レイモンド・ムーディーの 「 Life After Life 」を読んだとき、フェンウィックの臨死体験に対する関心は高まった。 当初、ムーディーが報告する体験談に疑念を抱いていたフェンウィックは、ムーディーズの被験者と非常によく似た臨死体験を述べた彼自身の患者の一人との話し合いの後、彼の意見を再評価した。その後、彼は、臨死体験の300以上の例を収集し、分析した。
フェンウィックは、人間の意識は単なる脳の機能以上のものであるかもしれないと主張している。


https://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Fenwick_(neuropsychologist)

no title
イアン・スティーヴンソン
イアン・スティーヴンソン(Ian Stevenson、1918年10月31日 - 2007年2月3日)は、「生まれ変わり現象」の研究者である。
1960年代にアメリカ合衆国のヴァージニア大学精神科の主任教授に着任する。そこで「前世の記憶を持つとされる子どもたち」が世界中に存在することを知ったスティーヴンソンは、「生まれ変わり」現象について研究を行なう価値があると判断した。 インドでの調査を行った結果、短期間のうちに二十数例を発見する。1987年に最初の著書『前世を記憶する子供たち』を出版し反響を得る。現在までにスティーヴンソンと彼が率いる研究グループは、東南アジアを中心に、前世の記憶を持つとされる子どもたちの事例を2300例ほど集めている。
スティーヴンソンの研究は、月刊の科学雑誌として最古の歴史を誇る『神経・精神病学雑誌 Journal of Nervous and Mental Disease』に掲載され、特集が組まれた。その反応として、スティーヴンソン宛に世界中の科学者から論文の別刷りを請求する手紙が約1000通届いたとされる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/イアン・スティーヴンソン

no title