ac1d2226-s

274: 本当にあった怖い名無し 2014/04/08(火) 15:11:12.46 ID:G3CIcxTH0.net
餓鬼魂(がきだま) 

もう三十年ちかくになるか、自分が小学生のころの話。 
当時(今でも場所によっては?)の千葉県は鉄道、主要街道から少し奥に入ると普通に林が広がっていた。 
その市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離もなかったので安心して小学生たちは夜でも虫捕りに来ていた。 
そんな数ある林のひとつに通称『首吊りの林』と称される処があった。地元の友人によると過去本当に首吊り自殺があったそうだ。 
流石に夜に虫捕りくる子供はおらず、もっぱら早朝にカブクワ採取は行われていた。 
私は当時東京に住んでいたのだが夏になると一般的な小学生の例に洩れず、カブクワを求めてそういう場所によく出入りしていた。 
これは捕まえたカブクワを検分しながら地元の友人が語った体験談である。 
『首吊りの林』はラジオ体操を行なっている広場の近くということもあり、ラジオ体操後地元の友人(以下B)は虫捕りにいったという。 
ポイントを漁るがその日はハズレだった。カナブンくらいしかいなかったとか。 
朝飯も食べていなかったのでもう帰ろうと引き返してすぐ、急に脱力感に襲われたのだ。 
腹が減ったため、だと思ったが歩くのもおっくうになりとうとう切り株に座り込んでしまった 
Bが言うには朦朧として眠いような、暑苦しいような、息苦しいような状態だったらしいのだ。 
座り込んでから5~10分くらい経って症状が軽くなるとすぐさま家にとって返すと飯を食って昼まで寝たという。 
自殺者の霊に憑かれたんじゃね、と笑いあっていたが後日冗談じゃ済まされない知識を仕入れたのである。 
このスレッドで水木しげるを知らない人間はいないだろう。彼の著作でほぼ同じ事例が掲載されていた。 
『ひだる神』という妖怪がおり、人間が取りつかれると急に虚脱感に襲われ場合によってはそのまま死ぬこともあるという。 
それを避けるためには何でもいいから食べるればいいのだという(水木氏自身も体験した)。 
今から思えば熱中症(当時は日射病)の初期症状だったんじゃないかとも考えられるが『首吊りの林』は鬱蒼として太陽光がいい具合に遮られ下草が少ないくらいだし、Bは体を壊したというような話は聞いたことがない。 
本当にBは『ひだる神』に憑かれたのだろうか? 現在でも無事に生きているので祟りの類ではないとおもうのだが…