no title

1: ひろし ★ 2017/10/04(水) 23:28:21.44 ID:CAP_USER9.net
【AFP=時事】アフリカのマラウイで、呪術の儀式の一環として人間の血液を手に入れて飲もうとしたと疑われた人々が、先月中ごろから相次いで自警団員らによって殺害されていたことが分かった。
警察当局が3日、明らかにした。マラウイは教育水準が低く、魔術が国民の間で広く信じられていることから、しばしば「吸血鬼」に関するうわさが流れるという。

 犠牲となった6人は、同国南部にあるムランジェ山(Mount Mulanje)の周辺地域で別個に発生した3件の事件で殺害された。

 警察当局の報道官によると、最新の事件は今月1日に発生し、犠牲となった「2人が生き血を吸う者」と思って激怒した群衆が撲殺したという。2人は祈りをささげようとムランジェ山の近くへ向かっていたところ、ある村を通過した際に暴徒と化した集団に行く手を阻まれた。

 別の事件では、人間の生き血を飲んでいると疑われた人々と共謀していたとして、ある集団から糾弾された地元の首長が殺害された。

 報道官は「(犠牲者らが)生き血を吸っていたとの証拠は一切ない」と語り、地域の住民らが私刑を加えたとして非難した。また犠牲者が標的とされたのは、霊的な儀式のために血液を求めていたとみなされたからだという。

 一連の事件を受け、警察当局は同地域に機動隊員100人以上を展開している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000055-jij_afp-int