24385b30

1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/10(土)16:14:08 ID:jPT
こおろぎちゃんの結婚とかいうイスラエルの童話を読んだんだが意味がわからないし教訓?も読み取れない。

あらすじは
結婚したい年頃のこおろぎちゃんが婿探しにお洒落して街に出る。
婿探しをしていると告げるといろんな人が「それなら俺と結婚してくれ」
と言ってくる。しかし皆にこおろぎちゃんが
「あなたは腹が立ったら私に何をするの?」と聞くと
叩くとか引っ掻くとか酷いことを言うので求愛を断った。
そんななかハツカネズミだけが
「腹が立ったら尻尾に化粧水をつけて君の目を撫でてやるさ」
と言うので
「貴方はなんてやさしいの!」
とハツカネズミと結婚することに決めた。
結婚式には猫やサソリや木釘、ハシゴが参列してくれた。
初夜にこおろぎちゃんが眠っていると背中がむずむず。
起きてみるとサソリがこおろぎちゃんをチクリ。
慌てて逃げ出すと木釘に引っ掻かれ猫に噛み付かれ、
ハシゴにのしかかられた。
「なんでこうなるの!!」と泣き出すこおろぎちゃんの目を
化粧水をつけた尻尾でハツカネズミは優しくなでてやったとさ。


って話なんだけど
この話何が言いたいの?