b1a36264

●「投稿怪談」として  名無し さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 名無し さん 2016/2/7(日) 04:44:44.44 

私の母は何かと霊感?のようなものを持っています。
母が体験したことを稚拙な文章ですが書いていこうと思います。実話です。


母は子どもの頃、田舎の木造2階建ての家に両親と5人の姉弟とともに暮らしていました。
小学生の頃、母は2階で姉弟たちと寝ていました。家族全員が寝ている深夜3時頃、玄関のドアをノックする音が聴こえたそうです。
それもゆっくりと。
母は気づいても怖くて布団から出れなかったそうで、そのまま無視して寝ました。
次の日、母は家族みんなに昨夜のことを言いました。姉弟たちも聴いていたそうです。両親は気のせいだろうと言って、信じてもらえなかったみたいです。
次の深夜3時頃、またもや同じ音が聴こえ、今回も無視したそうです。
そして朝を迎え、朝食を食べている時に母の母(私から見たら祖母です。ややこしいので以下、祖母とします)も聴いていたそうです。母の父(以下、祖父)は気のせいだと言って頑なに信じませんでした。
そして次の深夜も同じ3時頃に同じ音が聴こえてきました。また無視しました。
夜が明け、居間に入るとげっそりした顔の祖父がいたそうです。祖父も聴いたようです。
次の深夜3時頃は音の正体を暴こうと祖父は言いました。
そして深夜3時、また同じ音が聞こえてきたようで、今回は母も布団から出てすぐに両親が寝ている居間に行きました。
祖父は竹の棒を持ち、恐る恐るドアを開けました。だけど、外には誰もいなかったそうです。それ以降、音は無くなったそうです。

関係ないかもしれませんが、この出来事の数年前に母が住んでいる家の近くで火事が起こったそうで、母は偶然にも焼死体を見てしまったそうです。その後から金縛りなどが増えたそうです。



母がまだ20代だった頃、お水をやっていて大阪にいました。アパートで腹を空かせて昼寝をしてたそうです。
その次の日、母の友達が「昨日の1時頃、お弁当屋さんの前にいたよね?」と聞いてきたそうです。母はその時間昼寝をしていて行けるはずがありませんでした。否定すると、友達が「そんなわけないよ。だって○○(母の名)の顔だったし」と驚いたそうです。母が不思議に思ったのは、それを同じ日に2人に聞かれたことだそうです。
母からその話を聞いた時「今思うと、腹を空かせた影響で生霊が出たんじゃないか?」と言っていました。



そして、若かりし頃が過ぎて、おばちゃんになって俺が産まれてきてからの事。
ある日、買い物のために道を歩いてたそうです。歩いているとふいに強い菊の臭い(母は菊が苦手です)と線香の臭いが鼻についたそうで、母は"また誰かが死ぬな"と感じたそうです。その数日後、ご近所の人が亡くなりました。
母は歳を重ねてるうちに、この直感というのでしょうか、変な感が鋭くなったそうです。
私が中学生の頃、先生が家を訪問に来ました。ここでも母は先生から菊の臭いと線香の臭いを感じたそうです。その数週間後、先生の親族が亡くなったそうで学校をお休みしました。
これも私が中学生の頃、母と夜に散歩がてら自販機でジュースを買いに行きました。すると母が「また臭いが」と言うので、私は怖かったので「もう気味悪いから気にしないで」と言って母の言葉を切りました。
その数週間後、よく話をするご近所のおばちゃんが亡くなりました。



母とは関係ない話ですが、そのおばちゃんが亡くなって数日もしない日、私が玄関の前を通って部屋に入ろうとしてた時に、いきなり玄関ドアが開き、「前にお腹が痛いって言ってたおばちゃんが棒を持って階段の上にいるよ」というので、私はすぐにドアに駆け寄って開けました(亡くなったおばちゃんはよくお腹が痛いと言っていた)。
でも階段には人の気配もありませんでした(私の家は団地の4階にありました)。
「どこにもいないけど」と階段を見ながら弟に言うと、「上に行く階段にいるよ」と言うと、上の階段を見てすぐに「あれっ、いやそこに立ってたのに」と上に行く階段を指差して言いました。降りたのではとも考えましたが、私の団地は階段もドアも音を出さずに歩いたり閉めたりすることは不可能で、ドアも薄くてよく歩行音や開閉音がきこえるほどです。音がしたとしたら、玄関前にいた俺が駆け寄ってる間にも聞こえてたはず。だけど、そんな音はしませんでした。弟にはおばちゃんが死んだことを言ってないので、騙したってこともありえません。

私はそんな出来事があって以来、母の鼻を「死神の鼻」と読んでいます。



ここまでが母の不思議な体験です。
あとは余談を少々。

祖母も不思議な体験をしています。

昔、祖母がここの地域では神様と呼ばれてる霊能者のところに行ってみてもらったそうです。
霊能者は「お兄さんが心配されて、時々見に来てる」と言ったそうです。
その時、家で留守番をしていた祖母の子どもの2人が遊んでたそうで、階段を降りたそうです。
玄関には大きな鏡が置いてありました。2人は鏡に写った兵隊の格好をした男を見たそうです。

それから昨年のことなのですが、家を全焼する火事がありました。
祖父母は幸いなことに無傷でした。その後、残骸の中からまだ使える物を探していると、燃えた後がない綺麗な写真が一枚落ちていました。
その写真に写っていたのは祖母の兄の全身写真でした。驚きなのが、祖母はその写真を"初めて"見たそうなのです。
祖母はお兄さんに守られているなと感じました。


1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【拡散】桜の起源が【 韓国ではない 】ことが正式に報道される!!!

【悲報】卵かけご飯はハゲの原因だった!?

ケンミンショーでねーわと思った自分の地元の情報

【画像あり】口裂け女AVデビューwwwwwwww

うしみつ四コマ更新中