295: 本当にあった怖い名無し 2017/10/15(日) 23:20:32.67 ID:iKpw4H9U0.net
小1だった頃、モスクワ在住で日本語学校行ってた。
ある日、IQテストがあり当時相当なアホだった自分はそのテスト終わったら即帰っていいと言うので問題見ずにマークシート全問塗り潰して速攻で教室を出た。(まあ結局、皆でバス乗って帰るので廊下で時間を潰さなければならなかったんだけど)

それから約半年後そんなテストも忘れてた頃、ウクライナの教育機関とかいう所から特別なIQテストをしたいので、旅行がてら家族ぐるみで来て欲しいという事で行ってみたら、真っ暗の音楽スタジオ(学校の体育館ぐらい)で赤いレーザー光線を鏡で4回くらい反射させ最後に自分の額に当ててる状態で、頭の位置を変えずに光線を避けて欲しいとか日本語で説明された。
周り見ると40人くらいの同年代の様々な国の子供が同じ状況にいる。
出来る訳ないじゃん。アホなの?なにこれ?
色んな国の言葉でざわざわ聞こえてたら、一番右の赤いレーザー光線が上方で輪っか作ったり、飛び跳ねたり、グルグル回ったりした途端、自分の係の人が「はい、あなたはもう帰っていいですよ」と言って周りの子らも同じように即座にその部屋を後にした。皆で食事した後、何の説明もされず帰された。

大人になって親に聞いたけど、あれは一体なんだったんだろうな?って自分に聞かれても困る。