1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/16(火)19:43:52 ID:3TP
この拷問器具は、形が洋梨に似ているところからこう呼ばれている。
取り付け部のネジやバネによって、先端から縦方向に3つか4つの部分に別れて拡張できる仕組になっている。

男性や肛門に用いるものは長さが15センチ、女性の膣用は一回り大きい。
また、ネジを締めていくと先端から刃のついたネジ状のキリ(棘)がのびるタイプのものもあった。
この棘は鋭い凶器となり、犠牲者の体の奥を引裂くことができた。

口用は、異端審問の際、また神への冒涜行為を行った者に対して使用された。
肛門用は、性的倒錯者、同性愛者(男性同士)に対して使用された。
膣用は、魔女狩りの際、悪魔や魔物と性交したとされる女性に対して使用された。

使い方としては、口、肛門、膣、に押しこんで、ネジを操作することで先端が開いていき、「穴」を拡張して固定する。
口に使用すると、容疑者の顎は大きく開いたまま固定され、叫ぶことも食べることも一切出来なくなってしまう。
no title

http://ura.sakuraweb.com/ura/gomon40.htm
16251897_p0_master1200

苦悩の梨

苦悩の梨とは、拷問器具の一種。
携帯性に優れ、外見からは拷問の跡が発見しづらいこともあり、一部の職業的拷問者(異端審問官等)に愛用された。形状は梨状(洋梨状)で、使用中は実に当たる部分が縦に分割・展開する。そのため、拷問器具としては珍しく内部のみを破壊する事が可能となっている。 


http://dic.pixiv.net/a/苦悩の梨