no title

1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/04(水)12:27:10 ID:uaU
同種としろ
ウサギが猫をレ〇プするようなもんやぞ
オーク
オーク(Orc、Orkと綴られることもある)は、人間に似た架空の生物。J・R・R・トールキンの中つ国を舞台にした小説で、邪悪な勢力によって兵士として使われる種族の名前として使われた。
人間の形をした、海とは無関係の種族としてのオークはトールキンが創造したものである。トールキンの著作における「オーク」は固有名詞として扱われ、語頭が大文字となっている場合もあるが、他の作品ではそうなっているとは限らない。トールキンの著作ではオークは人間の姿をし、大きさは人間とほぼ同じで、醜く汚らわしい存在として描かれている。知能はあるが鈍く惨めな生物で、極端に繁殖力が強く、人を殺す道具、つるはしややっとこなど、美しくないもの以外は作れるものの他の創造はできず、破壊するだけの存在として描写されている。『指輪物語』ではオークは邪悪な勢力(サウロンとサルマン)の兵士として使われた。
『ホビットの冒険』では、トールキンはオークに「ゴブリン」という単語を用いた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/オーク