1526_img16

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
54: 天之御名無主 2015/10/04(日) 03:19:23.00 .net
キュウリを育てては絶対ダメな町 風習受け継ぐ福井市網戸瀬町 
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/shrine/79275.html 
雷鳴に驚いたスサノオノミコトが、慌ててキュウリ棚に逃げ込んだところ、 
棚の柱が片方の目に刺さって失明し、キュウリ嫌いになったという 

越前出身の継体天皇と関係あるのだろうか


64: 天之御名無主 2015/10/13(火) 18:33:13.16 .net
>>54
「作物禁忌」で検索すると、日本中にあるな。
おそらく、江戸時代、こういう風習を持っているとカッコイーとする風潮があって、
それで全国的に広がったんだろうな。
作物禁忌
特定の作物を栽培することを忌む風習。農作物にはそれを育成する神々の信仰がある。稲作には田の神を迎えて祭る儀礼が全国的にみられる。種播(たねま)きから収穫まで田の水口(みなくち)に田の神を祀(まつ)って供え物をする。このことは田植唄(うた)の歌詞にも歌われている。農作物の作業に関していろいろな禁忌俗信が言い習わされている。
4月には死牛蒡(しごぼう)といってゴボウをつくらない。畑作物には稲作と違って家または村で、ある種の作物をつくらぬとか食べないという禁忌がある。福島県ではこれを家例(かれい)といっている。この種の作物ではモロコシ、トウモロコシ、キュウリ、カボチャなどがある。その理由として、たとえばモロコシならば、家の先祖が戦いに敗れて逃げたとき、モロコシ畑で敵に殺されたから、などと言い伝えている。
また村で禁忌としている場合は、たとえば天王(てんのう)様を氏神としている土地でキュウリを食べないのは、それを輪切りにしたものが氏神の紋所に類似しているから、といったたぐいである。


https://kotobank.jp/word/作物

78: 天之御名無主 2016/02/07(日) 16:36:05.49 .net
>>54
むしろ信長の織田家との関係かもね。

織田氏のルーツは越前織田の劔神社の神職で、神社の紋も織田の家紋も木瓜。神社の祭神はスサノオ。

スケートの織田信成は信長の子孫を自称していて、「キュウリの切り口は木瓜紋にそっくりだからキュウリは
食べない決まり」とか言ってなかったっけね。
Mon-Oda

劔神社と織田氏

劔神社(つるぎじんじゃ)は、福井県丹生郡越前町織田にある神社である。別名織田明神(おたみょうじん)。気比神宮に次ぐ越前国二宮とされる。越前国の式内社、敦賀郡「劔神社」の論社とされる。
社伝によれば、御神体となっている剣は垂仁天皇皇子の五十瓊敷入彦命が作らせた神剣で、神功皇后摂政の時代に仲哀天皇皇子の忍熊王が譲り受け、忍熊王が高志国(越国)の賊徒討伐にあたり無事平定した。のち、伊部郷座ヶ岳に祀られていた素盞嗚尊の神霊を伊部臣が現在地に勧請し、この神剣を御霊代とし祀ったことに始まると伝えられる。忍熊王はその後もこの地を開拓したことから、開拓の祖神として父である仲哀天皇(気比大神)とともに配祀されたと伝える。
中世以降、この地の歴代の領主、斯波氏、朝倉氏、織田氏の崇敬を受け保護された。特に織田信長は当社の神官の子孫であるとされ、織田家の氏神とされた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/劔神社

79: 天之御名無主 2016/02/08(月) 00:23:17.87 .net
>>78
なるほど、ありそう
ピンポンだな

56: 天之御名無主 2015/10/05(月) 11:39:47.88 .net

『きゅうり』は『胡瓜』と書かれる通り、胡(エビス(中国から見て西方))からもたらされた瓜 。

スサノオ様の時代に日本列島に胡瓜はありません。
同様にお馬さんもいません。(4~5世紀(応神天皇の)頃に伝来)
キュウリ
キュウリ(胡瓜)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。
紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されており、インド、ギリシア、エジプトなどでも栽培された。その後、6世紀に中国、9世紀にフランス、14世紀にイングランド、16世紀にドイツと伝播していった。アメリカには15世紀末コロンブスがハイチに持ちこんだのを端緒に普及していった。
中国ではかつて、ビルマ経由で伝来した水分の少ない南伝種が普及し、シルクロード経由の瑞々しい北伝種の伝来まで、この南伝種を完熟させてから食べるのが一般的であった。のちに南伝種は漬物や酢の物に、北伝種は生食に使い分けられることになる。南伝種の伝来後、日本でも江戸時代までは主に完熟させてから食べていたため、黄瓜と呼ばれるようになった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/キュウリ

57: 天之御名無主 2015/10/06(火) 00:17:53.60 .net
>>56
キュウリがそのころあったのかと思ったが、やはりなかったんだ、
キュウリ棚など作るのは近世以降だろうし。
別の植物だったんでしょうね。

胡瓜は胡からですか、なるほど。ウリと同じだ。

63: 天之御名無主 2015/10/12(月) 06:54:24.17 .net
>>57
「胡」という文字が付いた物は大概そうですね

65: 天之御名無主 2015/10/30(金) 08:15:36.32 .net
スサノオなら祇園信仰絡みだろ胡瓜は

80: 天之御名無主 2016/02/08(月) 07:02:06.34 .net
この集落を地図で見たら、村の鎮守は八坂神社。すなわち祭神はスサノオ。
劔神社から分祀されたものかもしれない。だとしたらこの神社も神紋は木瓜で、
織田信成の家のようにキュウリの切り口をタブー視してるってことなのかもね。

栽培がダメで食べるのはいいというのも不思議な話だけど。長い歴史で
タブーがすり替わっちゃったかな。

81: 天之御名無主 2016/02/12(金) 18:44:27.15 .net
>>80
木瓜は牛頭天王の紋
全国の八坂神社のほとんどはかつて牛頭天王 今はスサノウを祀ってる
織田家を持ち出すまでもない
キュウリを食べないとかの禁忌は牛頭天王を鎮守とする土地で結構あるよ
俺の地元の近く(大阪和歌山県境付近)でも昭和の始め頃まではキュウリを絶対に食べなかったと聞く

82: 天之御名無主 2016/02/12(金) 23:07:05.31 .net
神聖視して食べないのなら育てるのはタブーにならないと思うが

87: 天之御名無主 2016/02/18(木) 13:16:21.61 .net
キュウリに限らず
神が片目を傷つけたから○○が生えないとか作らないとか食べないとかって話が日本中にあるよね
何故片目なんだろう
谷川健一の金属精錬との関わり説はなるほどと思う点もあるけど本当に全部がそうなんだろうか

89: 天之御名無主 2016/02/18(木) 13:25:51.38 .net
>>87
単に両目を一度に失明する確率が低いだけじゃね。
薬物とかを頭からかぶったとかなら別だけど、単なる外傷だからね。

90: 天之御名無主 2016/02/18(木) 14:44:40.22 .net
>>89
書き方が悪かった
なぜ目なのかってこと
指がもげたとか耳がそげたとかでもいいわけじゃん

91: 天之御名無主 2016/02/18(木) 14:59:10.97 .net
「些細な過失で大きな後遺症」だからじゃねーの。
普通の農作業で失明ほど簡単に指や耳はもげんだろ。

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【画像あり】事故物件関係の画像が貼られるスレ

なんで子供の頃真夏に走り回っていても平気だったんだろうな

実際に体験した怖い話ある?

【動画】交尾後にメス蜘蛛に襲われてしまう小さなオス蜘蛛

伊藤光さん、噂通りガチで打てる捕手だった

熱中症で病院に運ばれた部下に、上司「熱中症で倒れるのは甘え すぐ業務に戻れ」

元スレ:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/min/1406386007/
02




我の片目は邪眼なり…
その封印は戦いのときにのみ解かれるのだ…
(ホントはキュウリ畑で怪我したんだけど黙っとこ)





●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。