no title

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:23:21.24 ID:eqLEPhZb0●.net BE:645596193-2BP(2000)
無傷の顔や手のひらから赤い血が汗のように流れ出る――そんな症状に見舞われて入院したイタリアの21歳の女性に関する報告が、このほどカナダの医学誌に掲載された。

患者の女性の氏名は研究の慣例として伏せられている。女性の皮膚にはひっかいたり切ったりしたような傷はない。問題の血はこれといったきっかけもなく流れ出し、1~5分ほど経つとひとりでに止まるという。

眠っているときに流れることもあれば、運動している最中に流れることもある。症状が出初めてからの3年間、女性は人付き合いを避けるようになり、うつ病やパニック障害の兆候にも悩まされてきた。女性の肌の分析や流れた血液の検査の結果からはいかなる異常も見つかっていない。

23日付けの医学誌の記事によれば、フィレンツェ大学に籍を置く皮膚科医2人が女性を診察し、正常な皮膚から血液がにじみ出る「血汗症」と呼ばれる珍しい疾患だと結論付けた。医師らはまず抗うつ剤などを投与してうつ病とパニック障害の治療を行い、次に不整脈などの治療に用いるプロプラノロールを処方した。治療によって出血の量は減ったが、完全に止まることはなかった。

カナダ・オンタリオ州にあるクイーンズ大学の教授で医学史家のジャカリン・ダフィン氏によれば、血汗症の世界最古の記述は古代ギリシャの哲学者、アリストテレスの著作の中にみられるという。

世界中に残る数多くの記録を分析すると、発症の仕方や実際の症状に驚くべき類似点が確認できると同氏。前出のイタリアの女性についても「症状は本物だと思う」と語った。

ダフィン氏が調べた文献によると、血が流れ出る箇所として特に記録が多いのは額、頭皮、顔、目、耳。ただ胴体や手足から流れるケースもあり、体のどの部分でも起こりうるというのが実態のようだ。(以下省略)


ソース/CNN
https://www.cnn.co.jp/world/35109342.html

画像
no title

血汗症
血汗症(英: hematidrosis, hematohidrosis)とは、皮膚から血液が滲み出る非常に稀な疾患。
血汗症は死の危機などの極度のストレスによって引き起こされることがある。いくつかの歴史上の記述の中ではレオナルド・ダ・ヴィンチによるものが有名であり、戦闘前の兵士や突然の死刑宣告を受けた人々における血汗症の出現が記載されている。聖書の記述ではイエスはゲッセマネの園での祈りで血汗症を経験したとある(ルカ 22,44)。


https://ja.wikipedia.org/wiki/血汗症

3: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:25:56.79 ID:Eh3h2mEb0.net
なにそれ怖E

6: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:26:48.82 ID:g8NdDDM80.net
怖すぎワロタ

8: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:27:40.80 ID:xXx9XVZ80.net
へぇこういう症状あるんだ

11: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:28:53.23 ID:QyTnUKso0.net
聖痕じゃね?
no title

聖痕
聖痕(せいこん)は、イエス・キリストが磔刑となった際についたとされる傷、また何らかの科学的に説明できない力によって信者らの身体に現れるとされる類似の傷をいう。これらはスティグマータ(ラテン語: stigmata)とも呼ばれ、カトリック教会では奇跡の顕現と見なされている。
新約聖書のガラテヤの信徒への手紙6章17節において、聖パウロは聖痕を「イエスの焼印」と呼んでいる。聖痕は、キリストの受難において釘を打たれた左右の手足と、ロンギヌスの槍によって刺された脇腹の5箇所に現れるとするのが一般的であるが、キリストがかぶせられた荊冠に由来するとされる額の傷や、十字架を背負った際についたとされる背中の傷、血を含んだ涙や汗なども含まれる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/聖痕

21: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:37:12.22 ID:+Xs0npH30.net
聖人かな?

30: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:42:48.66 ID:+COAZ+OR0.net
画像見たらマジな流血でびびるわ
こりゃパニック障害なる

33: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:43:56.38 ID:V32hILxf0.net
こういった珍しい症例見ると大昔の神様とかは奇病の類だったのかもなぁと思うね

38: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:46:51.83 ID:61mjyw9u0.net
涙の様に垂れてくるのかと思ったら 拭ったかのようなでかたなのか……

43: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:50:04.22 ID:jmSuDQka0.net
五島勉のノストラダムスの大予言だか、ファティマの予言だかで
破滅の前兆として、血の汗が流れる話があったような。

51: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:56:48.82 ID:xWobDlrH0.net
世の中色んな病気があるんだな
神話に出てくる怪物とかの話もこういう病気が元になってるのかも

53: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:58:48.21 ID:xOGjiICe0.net
あれ?毛細血管から出血して
汗腺から流れ出るのって稀によくあることなんじゃなかったっけ?
それとは違うの?

97: 名無しさん@涙目です。 2017/10/26(木) 17:07:08.32 ID:SEcATq8oO.net
まじで怪我した人みたいでわろた
血液から汗を精製するの失敗してるだけじゃねこれ

2: 名無しさん@涙目です。 2017/10/25(水) 18:24:56.94 ID:dS1I8C650.net
河馬か
no title

カバ
皮膚表面を保護する皮脂腺・体温調節のための汗腺を持たないが、「血の汗」などと呼ばれるピンク色の粘液を分泌する腺がある。この粘液はアルカリ性で乾燥すると皮膚表面を保護し、赤い色素により紫外線が通過しにくくなる。主成分も分離されており、ヒポスドール酸 (hipposudoric acid)、ノルヒポスドール酸 (norhipposudoric acid) と命名されている[8][9]。 この粘液に細菌の増殖を防ぐ働きもあり、傷を負って泥中に入っても化膿するのを防ぐことができる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カバ


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1508923401/

07




やっぱ最初にカバを連想するよな…




07



過度な緊張やストレスから血の汗を噴出する事例が
歴史の中で見られるそうですねぇ…
血の涙を流すってのも
実際にある現象なのかもしれないですね





●現在「うしみつ」ではすべてのネタ投稿の募集を停止しています●

ネタ投稿以外のお問い合わせは usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。