c74c502d

82: 名無し百物語 2016/02/16(火) 19:12:00.48 ID:k0pOjVvq.net
「無意識の狂気」 

 ある晴れた日の海辺のこと。二組のカップルが海水浴に来ていた。 
 四人は、ビーチバレーやらスイカ割やらで、リア充的充足ライフを満喫していた訳だが……。 
 その時、遠くから女性の叫び声が聞こえた。 
 みんなは、急いで声のする方に向かった。そして、声の主はメンバーの一人の女の子(仮に名前をA子としておこう)だった。 
 彼女曰く、 
「クラゲに刺されちゃったの~」 
 ということだそうな。A子の足を見ると、足は真っ赤に腫れ、痛々しい様相を見せていた。 
「大丈夫か?」 
 心配そうな表情を浮かべるA子の彼氏(以下、名前をA男とする)。 
 もう一組のカップルの方も不安げな顔でA子を眺めていた(以下、B男・B子とする)。 
「病院で見て貰った方が、いいんじゃないか?」 
 A男は、A子の足を撫でながら言った。 
「心配ないよ、痛みも引いてきたし」 
 A子の言うように時間が経つにつれて、クラゲに刺された痕は引いて行き、A子のスベスベの肌が戻ってきた。 
四人は、いつの間にかクラゲの件は忘れ、そのまま遊びに夢中になった。 
 そして、花火を終えた、真っ暗な夜の時間。四人は、ホテルに戻って眠ることにした。 
 ホテルに戻った四人は、ホテルのロビーでしばらく談笑を楽しんだ。 
 金槌のB子を背負ってB男が、平泳ぎをしたこと。浮き輪をサメと間違えてA男がパニックになったこと。A子がクラゲに刺されて足が真っ赤になったこと。そして、A子の足が見た目には治って、何事もなかったこと。 
 そんな話を続けていると、いつの間にか深夜の一時になっていた。 
 二組のカップルはそれぞれの部屋に戻って眠ることにした。 
 A子は、ベッドの上で横になり、A男に『おやすみ』と囁き、瞼を閉じた。