368: 本当にあった怖い名無し 2017/10/31(火) 01:48:48.00 ID:Kw9uzLdb0.net
スレ重複してるの気づかなかったからこっちに。
自分が体験した話なのでオチもクソもないけど、溜め込むの嫌だから書き込む。長文注意。
子供の頃、近所にごく普通(だと思っていた)の一家が住んでいた。仮に山田家としておく。
山田婆さんはよく犬を散歩させており顔を合わせる機会が多かったし、私や近所の子供たちに対してとても優しかった。
しかし、その娘は少し変わっているなとは子供ながらに感じていた。自分の息子や娘達に対してはほがらかだが、他所の子は居ないものとして扱うような人だった。(気持ちは分からなくもないないが…)
かと言って、特に人間関係にトラブルを起こす様なこともなかったので、普通に大人同士だけで世間話なんかの付き合いはしていたようだ。
そんなある日、山田婆さん宅の通りを歩いていると 山田婆さんの飼い犬が1匹でウロついていた。
周りを見ても、婆さんはいない。
脱走してしまったのかな?と思い、家まで連れて行きチャイムを鳴らした。
山田娘『はい』
私『犬が外に出ちゃってたので、つれてきました』
と言うと
山田娘『これから野球の試合見に行くからー、無理かなー』
珍しく、凄く愛想のいい声で、その後無言…。
ドアを開けに来るかもと仕方なく犬を抱きながら暫く待っていたら、通りの向こうから山田婆さんが歩いてきた……んだけど、何故かスルーされた。
え!!?と思っていたらそのまま家に帰っていった。
すると犬を呼ぶ声がし、犬は庭?の方へと走っていった。無視された…とショックだったので、そのまま私も家に帰った。

帰宅すると、私の祖母が来ており、私の母と何やら真剣な顔で話をしていた。どうしたの?と聞くと 山田婆さんが一昨日に亡くなった、と。

いや、さっき見たよ。歩いてたよ。と訴えたが、心配され、忘れるように慰められた。
山田婆さんは、酔っ払って道路に出てしまい、車に轢かれてしまったらしい。

つづく