kyu_naki04

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 00:58:49.34 ID:4iMfO9cW0.net
怖すぎンゴねぇ
犬鳴峠
犬鳴峠という名前は側に位置する犬鳴山から来ている。
由来は諸説あり、文献『犬鳴山古実』には「この山を犬啼と呼ぶのは谷の入口には久原へ越える道筋に滝があり、昔 狼が滝に行き着いたが、上に登れないことを悲しんで鳴いていた」と記されている。 他にもこの犬鳴山はとても深いため、犬でも超えることが難しく泣き叫んだため犬鳴山と命名された説がある。

犬鳴村伝説

「犬鳴トンネル近くに、法治が及ばない恐ろしい集落『犬鳴村』があり、そこに立ち入ったものは生きては戻れない」という都市伝説が存在する。

実在の殺人事件
1988年12月9日に福岡県警は、方城町の犯行グループリーダーの少年(19歳、行商手伝い)を含めたグループ5人(16-19歳)を、殺人と逮捕監禁容疑で逮捕した。調べでは、2人の少年が同年12月6日夕方に、田川市内で帰宅途中の工員(20歳、方城町)の軽乗用車を見つけて、「車を貸してくれ」と頼んだ。しかし断られたことに腹を立て、工員の車を奪った上で、仲間の家に工員を監禁した。その後、少年らグループ全員で、久山町の犬鳴隧道(旧犬鳴トンネル)まで連れ去った。その場で工員の手足を縛り、ガソリンをかけて焼殺した疑い。その後、主犯は無期懲役判決を受けている。
2000年には犬鳴ダムで死体遺棄事件が発生している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/犬鳴峠