1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:416336462-PLT(12000).net
著名な理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士は、2600年までに人類は滅亡すると警告している。ホーキング博士によると、地球の人口は増加し、エネルギー消費も増えるが、地球自体は「あかあかと燃える火の玉」に姿を変えるという。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。

博士によると、大惨事から逃れる方法は生活に適した惑星を見つけるしかない。ホーキング博士は北京で開かれたTencent WEサミットで、さらに数百万年その存在を続けたいのであれば、人類はそれまで誰も訪れたことのない場所へ恐れずに出発しなければならないと述べた。

ホーキング博士はビデオ通信で投資家らに宇宙船を太陽系に最も近い恒星系アルファ・ ケンタウリに送り込む自身のプロジェクト「ブレークスルー・スターショット」への支援を呼びかけた。博士は、生活に適した惑星がアルファ・ ケンタウリのまわりを周回している可能性があると考えている。

https://jp.sputniknews.com/science/201711084256085/
no title

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング
スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )は、イギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。
一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えている人物。


https://ja.wikipedia.org/wiki/スティーヴン・ウィリアム・ホーキング