K7W9LlkF7F

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:19:01.72 ID:lOr6okOf0NIKU.net
これはネッシー
Nessie40411-1

ネッシー

ネッシーは、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。
記録として残されている最古の記録は西暦565年、アイルランド出身の聖職者コルンバの生涯に関する伝記中で言及された、ネッシーの発見報告である。当時コルンバは、スコットランド北部の異教徒へのキリスト教布教活動を精力的に行っており、その半ばイギリス最大の淡水湖であるネス湖でネッシーと遭遇したという。以来、多くの発見報告がなされてきた。特に1933年以降、ネス湖で多くの目撃例が報告され、写真や映像が公表されてきた未確認動物。「ネッシー(Nessie)」の通称は世界的に使われるが、日本においては特にこの名が浸透している。科学の進歩で謎や不思議の少なくなった20世紀において、未確認飛行物体と並ぶ最大級のミステリーとして語られてきた。
しかし、目撃証言や写真・映像の多くが、既知動物や船舶、流木、航跡、または波動など自然現象の誤認であるか、あるいは捏造と判定され、大型獣が生存している可能性を否定する動物学者は多い。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ネッシー


3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:19:26.80 ID:NZuKoBsqHNIKU.net
オゴポゴ
ogopgo

オゴポゴ

オゴポゴ(Ogopogo)は、カナダブリティッシュコロンビア州のオカナガン湖で目撃される水棲のUMA。体長は約5~15mで、60cmほどの大きさの頭部は山羊か馬に似ているとされ、背中にコブがある。体は緑色でところどころにチョコレート色の斑点がある。
記録に残っている最古の目撃例は1872年だが、1912年の目撃騒動以来有名になった。近年になっても、大型の生物が水面近くで蠢いている映像が度々テレビでも放映され、テレビ番組で特集されることもあり、ネッシーやツチノコなどと比べると、存在の可能性が高いUMAとされている。姿や泳ぎ方は同じカナダに棲息しているマニポゴと酷似している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/オゴポゴ

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:19:38.76 ID:hmehM6dA0NIKU.net
これはモケーレムベンベ
250px-Mokele-mbembe_ill_artlibre_jnl

モケーレ・ムベンベ

モケーレ・ムベンベ (Mokele-mbembe) は、アフリカ大陸中央部のコンゴ共和国、カメルーン、ガボンなどの広大な熱帯雨林の湖沼地帯に生息しているのではないかと想像されているUMA(未確認生物)のこと。
元々は現地人に古くから語り継がれてきた伝説上の怪物である。言い伝えや目撃談を総合すると、体の大きさはカバとゾウの間ぐらい、体長は5~10mで、ヘビのように長い首と尾を持ち、4本脚で、直径30cm以上の丸い足跡には3本の爪跡があるとされる。
文献的には、現地に伝わるいくつかの未確認生物を「モケーレ・ムベンベ」という言葉でまとめて呼んでいる場合も多い。この場合、狭義の「モケーレ・ムベンベ」の他に、「エメラ・ントゥカ」、「ムビエル・ムビエル・ムビエル」、「ングマ・モネネ」などもあわせてモケーレ・ムベンベに含める。これら他の生物像は狭義のモケーレ・ムベンベとはそれぞれ異なっている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/モケーレ・ムベンベ

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:19:57.41 ID:2tScw1aO0NIKU.net
これはチュパカブラ
goatsukr

チュパカブラ

チュパカブラ(Chupacabra)は、主に南米で目撃される吸血UMAである。チュパカブラスとも言う。
この生物によって家畜の血が吸われたという報告が相次ぎ、スペイン語で「吸う」という意味の「チュパ」と、「ヤギ」という意味の「カブラ」から、「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」と呼ばれるようになった。英語では、これを直訳して「ゴートサッカー(Goatsucker)」と呼ばれる。
1995年2月頃に初めてプエルトリコでその姿が目撃され、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカにまでその目撃例がある。その被害は家畜に留まらず、人間も襲われている。これは現地でニュースとして扱われており、日本でも一部報道された。「チュパカブラによるものではないか」という推測を含めれば、被害件数は1000件を軽く超えるという話もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/チュパカブラ

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:20:04.49 ID:g7LwFgu4KNIKU.net

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:20:29.04 ID:LNMGtIzO0NIKU.net
ジャカロープ
images


16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:20:31.60 ID:11DOiHWfMNIKU.net
モンゴリアンデスワームの語感好き
Mongolian-Death-Worm

モンゴリアン・デス・ワーム

モンゴリアン・デス・ワーム(Mongolian Death Worm)はゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズやイモムシのような未確認動物(UMA)。牛の腸に似ている事から、現地ではオルゴイコルコイ(腸虫の意)と呼ばれている。モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例は無く、撮影された映像も存在していない。
1800年代初頭にロシアの調査隊がデス・ワームの存在を認識し、数百人がデス・ワームの毒によって死亡したと伝えられている。ソビエト連邦崩壊後、外国人によるデス・ワームの調査が活発になる。1990年から1992年にかけてチェコの未知動物学者イワン・マッカールがゴビ砂漠南端でデス・ワームの調査を実施し、多くの目撃談を収集した。2005年に動物学ジャーナリストリチャード・フリーマンを中心とするイギリスの研究チームがデス・ワームの捜索を実施した。捜索前、フリーマンは致死性のある毒は伝説的なものとした上で、デス・ワームは実在の生物である可能性が高いとしていた。しかし、フリーマンはデス・ワームを発見できず、デス・ワームを架空の生物と結論付けたが、調査の過程では地中を掘り進む爬虫類と思われる無毒の生物も目撃された。


https://ja.wikipedia.org/wiki/モンゴリアン・デス・ワーム


19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:20:40.46 ID:e/ZayG5W0NIKU.net
エルバッキー
52190189_624

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー(エルバッキー)は、1981年7月22日に神奈川県横浜市で日本の女性が発見した宇宙生物、とされている未確認動物である。エリザベート(光本富美子)・大石隆一の著書『異星人からのメッセージ』(鷹書房、1982年)の中でその存在が取り上げられた。正体はネコではないかといわれている。
発見者であるエリザベート(光本富美子)は、神奈川県を夫婦でドライブ中にこの生物を発見し、写真を撮影した。しかし、ネガは一部が夫妻の飼い犬に食いちぎられ、特徴的な尻尾の部分の検証を行うことは不可能となった。『異星人からのメッセージ』には、尻尾の外形を点線で補った写真が掲載されている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:20:42.56 ID:4xzzc81uaNIKU.net
チュパカブラを追え

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:23:41.56 ID:NZuKoBsqHNIKU.net
中 モンキーマン
ニ ミネソタアイスマン
遊 チュパカブラ
一 ネッシー
三 オゴポゴ
左 モンゴリアンデスワーム
右 シーサーペント
捕 モケーレムベンベ
投 フェニックス

42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:24:47.57 ID:v4pWOY180NIKU.net
イエティ
115112b6


46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:27:02.67 ID:6dxFPhsmdNIKU.net
コンガマトー
kon


51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:28:03.32 ID:8rTquoUa0NIKU.net
ゆきおとこじゃないんか?

52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:28:12.48 ID:1SkTdSTAKNIKU.net
スカイフィッシュ
sky2


61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:32:29.92 ID:MvJQEfZX0NIKU.net
ひとがた
ningen


66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:33:42.70 ID:n+B0hTSU0NIKU.net
フライングヒューマノイド
flying-humanoid


69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:35:37.99 ID:5zNA/lIm0NIKU.net
ツチノコ!
Doeti_Nozuchi

ツチノコ

ツチノコ(槌の子)は、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA) のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道と南西諸島を除く日本全国で”目撃例”があるとされる。
縄文時代の石器にツチノコに酷似する蛇型の石器がある(岐阜県飛騨縄文遺跡出土)。また、長野県で出土した縄文土器の壺の縁にも、ツチノコらしき姿が描かれている。
奈良時代の『古事記』、『日本書紀』にはカヤノヒメ神の別名であり野の神、主と書かれてある。
江戸時代に出版された百科事典『和漢三才図会』に、「野槌蛇」の名称でツチノコの解説がある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ツチノコ

83: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:42:00.33 ID:UfkAD8HkMNIKU.net
「イッシーよぉ!」って叫んでたおばちゃん

80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 22:39:50.79 ID:RXSf4beFpNIKU.net
ここまでフラットウッズモンスター無し
FlatwoodsMonster_zpsrt6j4i5q

フラットウッズ・モンスター

フラットウッズ・モンスター(Flatwoods Monster)は、1952年9月12日にアメリカ合衆国ウェストヴァージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町でUFOとともに目撃されたといわれる有名な「宇宙人」、あるいは未確認生物である。別名はブラクストン郡のモンスター、10フィートモンスター。
日本では「3メートルの宇宙人」の名で知られる。フラットウッズ・モンスターは高さ10フィートという驚くべき高さの生物で、人間のものではない光る目をした、明るい赤い顔の、スペードのエースのような形状の頭で、明るい緑の衣服をひだ状にして腰から吊り下げている、短い腕で(あるいは腕がなく)爪のような手を持ち、浮上して動くという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/フラットウッズ・モンスター

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【朗報】中国の二次美少女画像、日本より可愛い

【悲報】「女子高生1人のための駅」に来る鉄ヲタが迷惑行為wwwwwwwwwww

【悲報】結婚するから創価学会抜けるって言ったら親父がwwwwヤバイwwwwww

【閲覧注意】裏サンデー新連載『辱(にく)』がグロすぎてヤバいと話題に…

うしみつ四コマ漫画更新中!
【急募】以下のオカルト情報の提供をお待ちしています!

元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1456751941/
05



私は名前のインパクトか
一番最初に思い浮かぶのはモケーレムベンベ
目撃証言のイラストで一番好きなのは
ドーバーデーモンです




01



エルバッキーやフラットウッズ野郎のような
宇宙人関連の生物はUMAとしては邪道ではないでしょうか







●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。