no title

1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
今年も残すところ2カ月を切ったが、まだまだ予断を許さない状況が続いている。
トカナでもお伝えしたように、地球に壊滅的被害をもたらすとされる謎の惑星「ニビル」が今月19日にいよいよ地球に牙を向くと予言されているからだ。

 海外サイト「Planet X News」に掲載されている記事によれば、11月19日に太陽を挟んで地球とニビルが一直線に並ぶことで、地球の磁場に変化が生じ、地震活動が活発になる。
その後2週間以内に、M7以上の地震が発生するということだ。

 外れてくれるに越したことはないが、英紙「Express」(9日付)によると、今回はさらに緊迫した状況のようだ。
なんと、ニビルと思しき惑星が発見され、それと連動するかのように、いくつもの無視できない不吉な兆候が現れているというのだ!

no title

ニビルはすでに地球に近づいているのだろうか。
今月8日には、YouTubeユーザー「Gagare1952」が、ニビルらしき惑星の撮影に成功、YouTube上に動画を公開している。1分43秒ほどの映像には、確かに不気味な黒い惑星のようなものが映っており、その周囲を霧のようなものが取り巻いているのがハッキリと確認できる。
ニビルは地球に接近する際、無数の宇宙塵や彗星を引き連れて来ると言われており、動画におさめられた霧のようなものもニビルを覆うホコリだった可能性があるだろう。


【緊急警告】やはり11月19日付近で地球滅亡! ニビルが地球最接近で巨大地震連発、 “不吉な兆候3つと証拠映像”で判明!
http://tocana.jp/2017/11/post_15053_entry.html