1: みつを ★ 2017/11/15(水) 23:52:53.36 ID:CAP_USER9.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

11月15日 22時48分

およそ1万年前に絶滅した謎の肉食獣「ホラアナライオン」の赤ちゃんが、ロシアの永久凍土の中から極めてよい保存状態で見つかり日本とロシアの共同研究チームが詳しく調べたところ、この赤ちゃんは、5万年以上前に生まれたと見られることがわかりました。
「ホラアナライオン」はマンモスやサーベルタイガーと同じ時期にユーラシア大陸などに分布していた肉食獣で、およそ1万年前に絶滅したとされ、これまで見つかった化石の数も少ないため詳しい体の特徴などは謎のままとなっていました。

15日会見した研究グループによりますとこのホラアナライオンの赤ちゃん2頭がロシアのサハ共和国の永久凍土の中から、おととし見つかり、このうち1頭は、体長40センチ、重さ3キロで顔には毛が残り、まるで眠っているように見えるほど保存状態がよいということです。

研究グループが体の特徴を詳しく調べたところ、このホラアナライオンは、生後1か月未満の赤ちゃんで現在のライオンに比べて体の毛が多く、5万年以上前に生まれたと見られることがわかりました。

また研究グループによりますとことし9月にもこの2頭よりも成長したホラアナライオンの赤ちゃん1頭が新たに見つかったということです。

研究チームの鈴木直樹東京慈恵会医科大学教授は「ホラアナライオンが現在のライオンとどう違うのかさらに詳しく調べるとともに当時の生き物がどのような環境に生きていたのかも明らかにしていきたい」と話しています。

no title