no title

1: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:26:40.86 ID:I65ai8sq0●.net BE:264168779-2BP(2000)
教会で26人死亡の悲劇「祈りは無駄なのか」 銃乱射受けネットで議論

たとえ祈っても、クリスチャン、しかも日曜日に教会で礼拝をささげているクリスチャンの命を守ることができないのであれば、神に祈ることは無駄なのか――。
米テキサス州サザーランドスプリングスの教会で26人が死亡する銃乱射事件が発生した後、ソーシャルメディア上でそんな議論が起こり、著名な牧師たちも応答した。

事の発端は、名作映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)や米テレビドラマ「新スタートレック」などに出演したことで知られる米国人俳優ウィル・ウィトン氏(45)のコメントだった。
事件を受け、カトリック信徒であるポール・ライアン米下院議長(共和党)は犠牲者や遺族のために祈りをささげたが、ウィトン氏はツイッターに次のような批判的なコメントを投稿した。

「殺害された犠牲者たちは教会にいた。もし祈りで何かが起こったのであれば、彼らはまだ生きていたはず。役に立たない野郎だ」
この投稿の後、批判があったこともあり、ウィトン氏は謝罪し、信仰を持つ人々の気分を害そうとしたのではなく、銃規制に対する法的措置の欠如を非難したものだったと、自身の投稿の意図を説明した。

「宗教や信仰について話しているのではないんです。銃による暴力に何も取り組まないその下院議長について話しているんです」
「本当の信仰者の皆さん、僕は皆さんに耳を傾けています。僕はポール・ライアンが銃による暴力に対処することを拒否したことで怒っているのですが、皆さんを侮辱してしまったことは謝罪します」

しかし、ウィトン氏の当初の意図とは別に、この投稿がきっかけとなり、祈りの有効性に関する議論が広がることになった。

米最大のプロテスタント教団である南部バプテスト連盟のロ二ー・フロイド前議長(クロス・チャーチ主任牧師、アーカーソン州)は、この疑問に応え、クリスチャンポストに次のように語った。
「この堕落した世界では、悪霊が猛威をふるうとき、良いことだけが起こるのではありません。しかし、私たちの信仰と希望は神のみにかかっています。私たちが祈るとき、私たちは神に力を求め、神に頼っています。私たちが祈らないとき、私たちは自分自身に頼ることを選び、それは常に不信仰に導きます」
米テキサス州サザーランドスプリングスの教会で5日正午前(日本時間6日未明)、男が銃を乱射し、地元警察当局などは、少なくとも26人の死亡を確認したと発表した。
AP通信は複数の当局者の話として、男は同州の主要都市サンアントニオ近郊に住む元空軍勤務の白人の男(26)だと報じた。発表によると、男は車で教会のそばのガソリンスタンドに現れ、教会に向けて銃撃を開始。さらに、日曜礼拝が行われていた教会の中に入り、乱射したという。単独犯とみられる。
その後、銃を持って出てきた男を見つけた近くの住民が、男に発砲し、銃を落として逃げる男を追いかけたという。男は逃走に使った車の中で死亡が確認された。警官に追跡され射殺されたのか、自殺したかは不明だ。

読売新聞ウェブニュース

http://www.christiantoday.co.jp/articles/24773/20171114/is-prayer-useless.htm

2: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:26:53.35 ID:I65ai8sq0.net BE:264168779-2BP(1000)
フロイド氏は、事件後に発表した声明では次のように述べていた。
「憎悪と恐怖に満ちた襲撃事件が、私たちが礼拝する場所で起こるとき、私たちは心底震えさせられます。私たちは、神が力強い御手をもって米国民と世界をお守りくださるように懇願しなければなりません。神がこの銃撃事件の犠牲者たちと共にいてくださいますように。ただ神のみが、この困難に満ちた時における私たちの隠れ家です」

大衆伝道者のグレッグ・ローリー氏(ハーベスト・クリスチャン・フェローシップ主任牧師、カリフォルニア州)は、クリスチャンポストに声明を寄せ、次のように語った。
「確かに、このような悲劇が特に教会で起こることを、なぜ神が許されたのかを理解するのは難しいことです。この邪悪で冷血な襲撃により殺害された人々の家族や友人のことを思うと、胸が張り裂けんばかりです。しかし聖書は苦痛のない人生を誰にも約束していません。実際、イエスご自身は『あなたがたには世で苦難がある』(ヨハネ16:33)とおっしゃいました。
私に分かっていることは、テキサス州サザーランドスプリングスの第一バプテスト教会の礼拝に集められたこれらの人々が、イエス・キリストを信じ、愛していたということです。
そこには『満ち足りる喜び』と『永遠の喜び』があります(詩編16:11)。彼らが抱いていたすべての疑問は(天国で)答えられたはずですが、私たちの疑問は、神がそれに答えてくださるのを待つ必要があります」


ローリー氏はまた、死後の生に対する認識についても考える必要があると語った。
「私たちは、死後の生(afterlife)のことについて話しますが、おそらく私たちは今生きている人生を、死前の生(beforelife)と呼ぶべきです。この人生は、死後の生と比べると非常に短いのです。
私たちのイエス様との関わりが、死後をどこで過ごすかを決定するのです。(事件のあった)先週日曜日に教会で礼拝していたこれらの人々は今、安らかにイエス・キリストの愛に満ちた御腕の中にいるのです」
うしみつ関連記事:
神などいない事が確定・・・


3: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:27:25.50 ID:qkueJUH80.net
試練かも知れん

116: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 03:06:00.50 ID:carhaUU60.net
>>3
(´・ω・`)

438: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 10:25:19.52 ID:fFHQqrjX0.net
>>3
それで合ってる
日本への原爆もキリスト教徒にとっては試練だと大統領が公式発表してたしな

4: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:27:56.93 ID:nDksTdCi0.net
逆だろ
死の恐怖を誤魔化す手法が宗教なんだから、もっと信者が増えてもっと狂信的になる

12: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:30:49.68 ID:tN7EMkfc0.net
いやキリスト教の神はそういう神じゃないじゃん。

13: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:34:59.57 ID:9U5Gpmgw0.net
教会でてっぽうもったキチガイに
むごたらしくぶち殺されるまでは
平穏なこころでしあわせに暮らしていられた
んだろうと思うんですよ
それが信仰なのだろうと思うんですよ

15: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:40:45.09 ID:9U5Gpmgw0.net
政教分離って信仰と暴力の分離であるのかもしれんなあ

とかのんきに思うのは無宗教無信仰右寄りノンポリで
事件に直接関係ない人間の無責任な思いつきだろうか

28: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:51:08.66 ID:+XVitdNm0.net
だから、アメリカ人は銃を持つんだろう。

169: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 06:07:52.04 ID:iCj96TZo0.net
>>28
>だから、アメリカ人は銃を持つんだろう。

神がいるなら銃なんて持つ必要無いよな
矛盾してる

29: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:51:10.46 ID:g/jDD6V30.net
戦争に行ってた爺さんは神様に頼んでも目の前に出てきて助けてくれる訳でもないしなと言ってたっけ

32: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 00:57:02.69 ID:zgUw5Bl30.net
邪神が入り込んでて忙しいんだろ

35: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 01:01:22.28 ID:1UgnvpZZ0.net
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。
わたしは敵対させるために来たからである。人をその父に、娘を母に、嫁をしゅうとめに。 こうして、自分の家族の者が敵となる。
わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。
また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。 

マタイによる福音書10:34-38

38: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 01:03:01.45 ID:ReszZwIQ0.net
全知全能の神に祈っても銃撃者の心情くんじゃって止められないんだよ

銃撃から守ることに特化した神じゃないとダメ

62: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 01:18:36.10 ID:Zg09kICh0.net
むしろ、そういう時こそ宗教でしょ
心の拠り所にするにも、銃を規制するにも

84: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 02:15:19.75 ID:UXzQkSt70.net
神を人間の都合のいい存在にするなよ
人間の望みを叶える存在って誰が決めたの?

90: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 02:19:24.15 ID:znRmFXfE0.net
祈る前にライフル協会どうにかしないと

137: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 03:59:06.96 ID:41Svlv1B0.net
神様がいるなら
祈るだけじゃ私にだって何も出来ません
各家庭から銃をなくしましょう
って言ってるんじゃないですか?
いなくたってこれ以上犠牲者出したくないならそうすべきだし

148: 名無しさん@涙目です。 2017/11/19(日) 04:42:38.60 ID:Efik+OZd0.net
信心深いワトキンス婦人が目を覚ますと昨夜からの大雨で川が氾濫し、
すでに1階は水没していた。

2階の窓から表を覗くと、水位はさらに上がってきていた。
その時、窓の外をボートに乗った男が通り掛かり、家の中の婦人を見つけて叫んだ。

「このボートにお乗りなさい!」

すると婦人はにこやかに言った。
「きっと神様が助けてくださいます。どうか構わずに行ってください」

夕方になると2階も水没してしまい、婦人は屋根の上に避難した。
そこに別のボートが通りかかり、屋根の上の婦人に向かって叫んだ。

「早くこのボートに!」

しかし婦人はにこやかに言った。
「きっと神様が助けてくださいます。どうか構わずに!」

夜になるとさらに水位が上がり、婦人は屋根のてっぺんの避雷針につかまって、
どうにか流されずにいた。
そこにまた別のボートが通り掛かり婦人に叫んだ。

「流されてしまいますよ!早くこちらへ!」

それでも婦人はにこやかに言い放った。
「きっと神様が助けてくださいます。大丈夫!」

しかしやがて婦人は力尽き、溺れて死んだ。

天国に着いたワトキンス婦人は神様に会わせてもらう様に天使に頼んだ。
神様の前に立った婦人は、少し責めるような口調で言った。

「神よ、なぜ私をお助けにならなかったのですか?」

すると神様は厳かに答えた。

「だから3回もボートを送ったではないか!」


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511018800/

03




この事件と2chの反応自体は以前にまとめたけどさ
やはり同じような議論が本国でも交わされたんだなあ





01



キリスト教国のアメリカですから
犯人だって神に祈っている人物だった可能性がありますしねぇ…
牧師さんのおっしゃることはオレにはよくわからん




●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。