90fc841c8bcb7ec3a3706915cb8c3ef6

1: シャイニングウィザード(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 10:07:26.15 ID:ec9csTS00.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典
【外信コラム】世界に広がる同性婚…イタリアも、同性婚法の一歩前まで

 2001年4月のオランダに続いて、03年6月にはベルギーで同性婚が法的に認められて以来、現在では欧州連合(EU)諸国の大部分の国で同性婚が法的に許可されるようになっている。

 だがイタリアでは、カトリック教会が何世紀にもわたり、「結婚とは男と女が生涯離れることなく、子孫をつくり家族を構成することを神の前で誓う神聖な契約」と教え、「子供がつくれない同性愛は神の教えに背く罪悪」とさえ教えてきた。このため、これまで同性婚が認められる余地はなかったのである。

 だが、最近の社会的要求とEU諸国からの圧力もあって、イタリア上院は2月25日、同性婚法の一歩前の段階とも言うべきシビル・ユニオン(別名シビル・パートナーシップ)法案を可決した。
ただ、反対派を納得させるため問題点となった「同性婚者の養子縁組」に関する条項を削除するなどの妥協点があり、完全な同性婚法とはいえない。

 同性婚は今や世界的な流行である。
 イタリアでもこれまで、一部の州や自治体がシビル・ユニオンを認めてきたし、わが国でも昨年春、東京都渋谷区議会が「同性パートナー条例」案を可決している。
家庭から「夫」「妻」「父親」「母親」の言葉が消える日が遠くないような気がしてきた。(坂本鉄男)

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160306-00000519-san-int