l201108091000

1: マスク剥ぎ(秋田県)@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:25:34.47 ID:qrV6BABK0.net BE:194767121-PLT(14001) ポイント特典
インド北部の都市近郊で人間が野生のトラに食われる事件が最近、相次いだ。人里離れた森での被害は時折起きるものの、今回は幹線道路や鉄道駅からそう離れていない場所で起きており、地元住民は「人食いトラ」におびえる日々を過ごす。世界規模で激減しているトラの保護が進む一方で、人間社会との共生が課題になっている。(インド北部ウッタルプラデシュ州モラダバード 岩田智雄)

「前代未聞だ」

 首都ニューデリーから車で4時間半。北部ウッタルプラデシュ州にある人口約90万の中規模都市モラダバード近郊の村々で、昨年12月から今年2月にかけて住民8人がトラに殺された。
襲撃直後に村人が追い払ったケースを除く3件で、被害者は体を食われていた。

 アクバルプル・チャンデリ村では1月7日、家族と牛の飼料を収穫していた女性、ショブハ・サイニさん(18)が襲われた。

 いとこの男性によれば、ショブハさんは食用のサトウキビを取るため1人で茂みに入っていき、行方不明になった。いとこらはその後、血だまりを見つけ、血痕を100メートルほどたどっていくと、トラがショブハさんをくわえている姿に出くわした。トラは逃げたが、ショブハさんは体の一部を食われていた。

 父親のマダンさん(45)は、「娘の嫁ぎ先を探していた矢先だったのに…。村人は恐怖の中で暮らしている。もう、1人では畑に行けない」と話した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140427/asi14042712000001-n1.htm