1: ボマイェ(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 22:53:02.56 ID:E1bWiUQi0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
no title

no title


バレンツ海の海底で発見された巨大な水中クレーターは、バミューダ・トライアングルでの船の消失について説得力のある説明を可能にします。
科学者は800メートルを超える幅と、45メートルほどの深さのあるクレーターを発見しました。
これは天然ガスの豊富なノルウェーの沖で、メタンが大量発生したことによって引き起こされたものと考えられます。
メタンが地表の下にあった天然ガスの鉱床から漏れ出して空洞を作り、最終的に崩壊してクレーターになったのだろう、ということです。
複数の巨大なクレーターがバレンツ海の中西部に存在し、それらは恐らくガスの大規模な暴噴によるものではないか、とノルウェーにある北極圏大学の研究者がサンデータイムズに語っています。
クレーターのある海域は、北極圏の浅海では最大の、メタンが放出されるホットスポットであることを意味している可能性がありり、また、クレーターを生じるような爆発は、バレント海を渡る船にとって潜在的なリスクになりうると、科学者は言います。
専門家によれば、バミューダトライアングルと呼ばれる海域での船舶や飛行機の消失も、これによって説明ができるということです。
バミューダトライアングルは、北大西洋のイギリス海外領からフロリダ沖、プエルトリコまで広がる海域です。
ロシアの科学者で、トロフィム研究所の次長であるイゴール・エリツォフ氏は昨年、「バミューダトライアングルはガスハイドレート(日本ではメタンハイドレートという名称が一般的)の反応の結果である、という解釈があります。ガスハイドレートは固体のメタンが気体に変化する形で活発な分解が始まります。
核反応のように連鎖的に分解が起き、大量のメタンガスを生成します。
これによって海水温が急上昇し、メタンガスと混じった海水によって船が沈められるというものです。」と述べています。

http://www.americaforce.com/archives/56558118.html
バミューダトライアングル
バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)は、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説がある。この伝説に基づいて、多くのフィクション小説、映画、漫画などが製作されている。
超常現象を取り扱う雑誌や書籍やテレビ番組の報道によると、通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域とされる。消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常等の兆候があるとされる。100年以上前から100を超える船や飛行機、1000以上の人が消息不明となっているとされる。「魔の三角地帯(または三角海域)」とも呼ばれている。
ただし、「事件」について書かれた記事を引用する際に勝手に内容を改変し、単なる遭難事故を「怪事件」に仕立て上げてしまう例や、関連書籍等で事例として取り上げられた遭難事故の記録が存在しない、完全な作り話である例もあるという(『トンデモ超常現象99の真相』などを参照)。また、ある種の特異な事例(完全な晴天時に乗組員のみが消えてしまうなど)のほとんどは事実を誇張、または歪曲したものであることが分かっている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/バミューダトライアングル