過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: マシンガンチョップ(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 09:28:19.08 ID:9NDSw2O30.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
魂の循環を信じている人は黙示録にあるような人類絶滅に対して寛容であることがわかりました。
昨今では地球温暖化や核戦争などによる人類滅亡の危機がまことしやかに囁かれていますが、そんな黙示録にあるような人類の絶滅に対してある調査が行われました。
それは、世界の終わりに対してどう反応するかというものです。
調査の結果、仏教の思想にあるような魂の循環を信じている人は人類滅亡に対して、そうでない人より寛容であることがわかりました。心理学者による分析では、これはパニックに陥らないよう、精神的なバリアを作り出していることが原因であると考えられています。

no title

http://www.nationpost.top/%E4%B8%E7%8C/56423509.html
輪廻転生
死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言う。ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想において顕著だが、古代のエジプトやギリシャ(オルペウス教、ピタゴラス教団、プラトン)など世界の各地に見られる。
「輪廻」と「転生」の二つの概念は重なるところも多く、「輪廻転生」の一語で語られる場合も多い。この世に帰ってくる形態の範囲の違いによって使い分けられることが多く、輪廻は動物などの形で転生する場合も含み(六道など)、転生の一語のみの用法は人間の形に限った輪廻転生(スピリティズム、神智学など)を指すニュアンスで使われることが多いといえる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/輪廻転生