no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/12(火) 13:23:43.029 ID:peKV0vPr01212
唱えるとなんかいいことあんの?
真言
真言(しんごん)とは、サンスクリット語のマントラの訳語で、「(仏の)真実の言葉、秘密の言葉」という意。
『大日経』などの密教経典に由来し、浄土真宗を除く多くの大乗仏教の宗派で用いられる呪術的な語句である。 漢訳経典では、「真言」の他に「密言」、「呪」、「明呪」等と訳される。
仏の真実の教えは、この宇宙の真理(法)や隠された秘密を明らかにするもので、本来は人間の言葉で表すことはできないが、方便として世俗の文字・言語を借りてそれに教えを盛り込み、これを観想しこれに心を統一することで、その教えに触れ得るようにしたものが、密教における真言であるとされる。 空海は、真言について「真言は、不思議なものである。本尊を観想しながら唱えれば無知の闇が除かれる。わずか一字の中に千理を含む。この身のままで真理を悟ることができる。」と記している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/真言