k1594609387

207: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/21(月) 12:23:14.94 ID:u9EGKP8h0.net
あれは学生の頃だった。どこかのスレで書いたかもしれないけど・・・・多少脚色あり。 
当時の研究室の教授が普段はちゃんとした紳士なんだけど、とんでもない酒乱で新歓コンパとか追いコンとかで 
ビール一杯飲んだだけでぐでんぐでんに酔っ払って別人になってしまう人だった。それがおもしろくてみんな酔っ払った 
教授の皿に食った後のカニの殻とかをそっと置いて、酔っ払った教授がその殻にバリバリとかぶりつくのを眺めて笑ったりしてた。 
教授は次の日とかになると記憶が飛んでいるのかケロッといつもの紳士に戻っていた。 

あるコンパの日、2次回も終わってさぁ帰ろうかという時、いつものように教授は既にわけわからん酔っ払いと化して店を出た 
ところの歩道に仰向けにひっくり返って手足をばたばたさせながらなにかわめいていた。いつもなら面倒くさいからそのまま 
置き去りにしてみんなさっさと帰るんだけど、その日はなぜか帰ったふりをしてこっそり物影から教授を観察しようということになった。 
数分経っただろうか・・・それまでひっくり返ってばたばたしてた教授はいきなりサクッと立ち上がりしっかりした足取りで歩いて行った。 
酔っ払いの痕跡など微塵もない、いつもの紳士だった。 
後日、何かの機会に教授と親しい別の先生に酒の席でその話をしたら、ああ、それねw、気をつけたほうがいいよw ふふふ。 
どうやら結構有名な話だったらしい。