1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:33:33 ID:M4yo2JevV
ツチノコって、実在してるよな?

Tsuchinoko_photo_01

ツチノコ
ツチノコ(槌の子)は、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA) のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道と南西諸島を除く日本全国で”目撃例”があるとされる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ツチノコ


71: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)23:09:45 ID:jaUbJi4OY
>>1
県によっては一億レベルの懸賞金がかかってるらしいな。お前ら人生逆転のチャンスだぞ
b8e79_259_f8967d3b65aa73b04cf0f1881158f006



3: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:34:50 ID:oB1N62X7l
カッパはいるな
グンマー辺りを徹底的に調べたら何匹か捕獲できるはず
Kappa_water_imp_1836

河童
河童は、日本の妖怪・伝説上の動物、または未確認動物。標準和名の「かっぱ」は、「かわ(川)」に「わらは(童)」の変化形「わっぱ」が複合した「かわわっぱ」が変化したもの。河太郎(かわたろう)とも言う。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なる。類縁種にセコなどがいる。水神、またはその依り代、またはその仮の姿ともいう。
鬼、天狗と並んで日本の妖怪の中で最も有名なものの一つとされる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/河童


9: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:38:31 ID:qU9zFh5Vn
>>3
どっかの寺に河童の干物が保存されてなかったっけ?

11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:39:11 ID:oB1N62X7l
>>9
詳しく調べたら猿のミイラだったとかな気がする

36: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:32:02 ID:vt1oSOuUZ
>>3
グンマーの者だけど河童は居るよ
うちの大学の研究室で修士やってる

5: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:34:59 ID:qRP7yNGVC
見た目が清楚系で心も清楚な女

39: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:50:29 ID:jHYDeVVUK
>>5
それはいない

7: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:36:34 ID:NRidGYb2F
宇宙人やな

8: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:37:01 ID:fMu3cDidf
モンゴリアンデスワームのさらにでかいの
1311372054

モンゴリアン・デス・ワーム
モンゴリアン・デス・ワームはゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズやイモムシのような未確認動物(UMA)。牛の腸に似ている事から、現地ではオルゴイコルコイ(腸虫の意)と呼ばれている。モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例は無く、撮影された映像も存在していない。
獲物を見つけたデス・ワームは両端を跳ね上げるような仕草を見せて相手を威嚇したあと、飛びかかって毒液を吹きかける。致死性の毒液は蒸気状で黄色く、触れると酸に触れたような痛みを感じるが、7月を過ぎると毒性は大きく低下する。また、離れた相手に電撃のような刺激を与えると言われているが、動物学者イワン・マッカールはこの特性を噂話が誇張されたものだと疑問視している。


http://ja.wikipedia.org/wiki/モンゴリアン・デス・ワーム


13: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:40:10 ID:uFFxAPSKy
>>8
ほぼ確認されてる

16: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:46:17 ID:M4yo2JevV
>>13
まじかよ。口から電撃飛ばすような生き物が実在するとか胸熱

12: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:39:38 ID:u1p1whXuz
雪男90%実在説とはなんだったのか
参考リンク:「雪男の生息可能性95%」 西シベリア、国際会議閉幕
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101001000394.html


15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:45:12 ID:ogNC0o0Dc
イエティは熊の仲間で確定かな

17: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:50:22 ID:cSCbzmbNa
スカイフィッシュに合掌
skyfish_cg

スカイフィッシュ
スカイフィッシュとは、長い棒状の身体を持ち、空中を高速(280km/h以上)で移動する、とされている未確認動物(UMA)。欧米では、その棒状の形態からフライング・ロッド (Flying Rods) あるいは単にロッド (Rod) と呼ばれることが多い。
近年の検証により、スカイフィッシュの正体はハエなどの昆虫であるとされている。カメラの眼前に飛んでいるハエなどの昆虫が入り込んだ場合、残像のように映る。これが、あたかも高速で飛び回る棒状の生物が映ったかのように見える。この現象をモーションブラー現象という。ビデオカメラや写真には写るが、肉眼で発見する者や実物の捕獲例が皆無なのはこのためであると考えられる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/スカイフィッシュ


18: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:52:15 ID:ly0IjLHB2
口裂け女はただのキチガイだと思う
それがだんだん、化け物じみてきただけで

19: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:54:11 ID:uFFxAPSKy
>>18
元は江戸時代のはなしだぜ?
36b047d19b8e2111b2b1f3da886acf1e

口裂け女
口裂け女は、1979年の春から夏にかけて日本で流布され、社会問題にまで発展した都市伝説。2004年には韓国でも流行した。
宝暦4年(1754年)に美濃国郡上藩(現・岐阜県郡上市八幡町)での農民一揆の後に処罰された多くの農民の怨念が、特に犠牲者の多かった白鳥村(現・郡上市)に今なお残っているといわれ、これがいつしか妖怪伝説となって近辺に伝播し、時を経て口裂け女に姿を変えたとの説がある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/口裂け女


21: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:56:38 ID:Ri3JkVzW5
>>19
刃物持った口裂け女というカテゴリなら平安時代まで遡れるな
山姥が元ネタだろ

20: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:54:25 ID:28OWqhBNI
八尺様

22: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)12:57:46 ID:fO1KcBa68
ニート

24: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:00:33 ID:XzOGZKm8U
引きこもり
30年半ばまでの人生で未だに一度も見たことがない

25: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:02:26 ID:uFFxAPSKy
>>24
それは引きこもりが引きこもってるから……
家族にしてみりゃいい迷惑

26: 御華亞散◆AARPBLsteo 2014/05/03(土)13:08:12 ID:SWStTjupe
昔、2chで樹海を探検した人がいて、結構、奧の方にガラス張りの謎の建造物があったとか

本当かどうかは分からないけどね

55: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)16:52:26 ID:dcXsZAKhk
>>26
kwsk

57: 御華亞散◆AARPBLsteo 2014/05/03(土)17:10:04 ID:NbbksEAux
>>55
真相はね、昔からのオカ板の人なら知ってると思う
ただ、そのスレの後の半年後か1年後かははっきりしないんだけど、GPS装置を導入して探検チームを作っていたみたい
何かのニュースになっていないということは見つからなかった可能性は高いと思うけどね

28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:11:09 ID:SLMOd6Nne
幽霊と宇宙人はいるぞ!
あと大型の古代生物なんかも深海や地底にいてほしい

30: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:14:46 ID:LAEslPOMi
ニンゲンとかいそう
深海はまだまだ謎な事が多いらしいし
ningenAL

ニンゲン/ヒトガタ
南極のニンゲンは、巨大掲示板サイト2ちゃんねるのオカルト板で創造された、未確認生物の都市伝説。海中にすむ生物で南極に出現するものをニンゲン、北極に出現するものをヒトガタと呼ぶ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/南極のニンゲン


35: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:31:26 ID:aVVTsRKjD
>>30
ニンゲンはいるだろう
愛子様の飼ってる猫で

38: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:44:40 ID:LAEslPOMi
>>35
UMAじゃないじゃないですかーやだー!

32: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:20:26 ID:UL1AFUipB
オボちゃん「STAP細胞はあります!」
俺「」

34: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:27:12 ID:wj55Hlt5W
ネッシー…
e6495e69f132aa5e822cc83ff20efe8d

ネッシー
ネッシーは、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。
1934年4月の早朝、ロンドンの外科医(実際は産婦人科医)、ロバート・ケネス・ウィルソンは友人と共に鳥の写真を撮りにネス湖を訪れ、突然湖面に現れたネッシーを、持っていたカメラで撮影した。この写真はデイリー・メール紙に掲載され、「外科医の写真」と称されて話題を呼んだ。岸が写っておらず、ネス湖を撮影したという確証はなかったが、首長竜を思わせる長い首がはっきり写されており、長らくネッシーの代表的写真として知られてきた(英語版の記事に写真が掲載されている)。しかし1993年11月、クリスチャン・スパーリングが死の間際に、この写真がトリックであったと証言した。首謀者は彼の養父マーマデューク・ウェザラル。彼らは、自ら発見したネッシーの足跡を偽物と判定された意趣返しに、おもちゃの潜水艦に30センチメートルほどのネッシーの首の模型を付けた物を撮影したという。そして、知人であるウィルソンの医師という社会的地位に目をつけ、偽証を依頼したとのことである。エイプリルフールのジョークのつもりだったが、世界的な話題になったことで引くに引けなくなったとのことである。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ネッシー


37: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:32:10 ID:cK7PbIvrW
>>34
こないだグーグルアースに映ったってネッシー、あれどう見てもクジラとかの類いだよな…

40: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:51:49 ID:9P34tjhSp
河童の正体は、その昔口減らしの為に殺されて川に流された子供の死体だという説を何処かで聞いた事がある、死んで変色した子供の死体を誰かが妖怪と間違えたのだろう

河童を漢字にした時の文字も根拠の一つになってるとかいないとか

41: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)13:55:32 ID:eJAAtQaEZ
ゴーストライター

42: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:01:23 ID:tpK0MlFdj
>>41
都市伝説でもなんでもない

43: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:35:56 ID:VYMx1Ron5
米では昔、統計とると一月に一回ぐらいの割合でUFOが落ちてた時期があったとかwww
飲酒率と比較すると面白い結果が出そうだな

44: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:58:44 ID:cOiDjk375
>>43
アメリカはすでに宇宙人に牛耳られてるんだよ。オバマの就任演説の時にこっそりリトルグレイが写り込んでたぞ

54: 御華亞散◆AARPBLsteo 2014/05/03(土)16:13:40 ID:HDDKoJH54
>>44
オバマのSPはレプタリアンという話もあるね

59: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:40:47 ID:M4yo2JevV
>>54
どんだけ面白国家なんだアメリカ

45: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)15:45:52 ID:LWQTFCFxg
雪男を熊と間違えるって無理があるだろ。オランウータンならまだしも
でもウェンディゴ症って病気(精神疾患?)はあったらしいな。人食いになるっていう
d55a4f12-s

ウェンディゴ
ウェンディゴは、カナダ南部からアメリカ北端のインディアンたちに伝わる精霊の呼び名。地方によって多くの呼び名がある。若しくは、北アメリカのオジブワ族やアルゴンキン語族系インディアンなど、ごく限定された部族にのみ見られる文化依存症候群のなかの精神疾患の一つ。「ウェンディゴ症候群」と呼ばれる。
主な症状は、最初は気分の落ち込みと食欲の低下が見られる。その後、ウィンディゴにとり憑かれたという思いが頭を占めるようになり、「このままではウィンディゴに変化してしまう」という強い恐怖と不安感と共に、次第に周りの人が食べ物に見える様になり、猛烈に人肉が食べたくなる。病が進行すると、通常の食物を一切拒絶するようになり、会話や身だしなみなど生活に不可欠な能力を喪失する。最悪の場合は、部族から処刑される、若しくは、ウィンディゴに完全になる前に自殺してしまう事もある。身体的自覚症状は、体が内側から凍えるような感覚と、めまぐるしい気分の変化がある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ウェンディゴ


46: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)15:49:04 ID:FeXZRhi63
ウェンディゴ憑きだな
確か変な精神病として分類されてたような
よそからきた人間がそこにいてもウェンディゴになったことあるらしいから不思議なもんだな

48: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)15:50:34 ID:NuYPU8pDU
ゴリラって一世紀くらい前まではUMA扱いだったらしいね
そう考えると、もしかしたら100年後の今頃は上野動物園にチュパカブラとかいてもおかしくないな

56: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)16:53:34 ID:tpK0MlFdj
>>48
100年前UMAで今レッドリストって、切ないな

50: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)15:59:21 ID:DkZM5EV0R
タキタロウとかいう巨大魚

通常より巨大化しただけの魚、だからいてもおかしくないかなと

52: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)16:05:45 ID:yA50M5rJ5
人魚も世界中の深海に棲んでると思ってる
マレーシア航空機も貰っていかれたんじゃね?

53: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)16:10:02 ID:E0nV4ETGY
>>52
飛行機とか船舶の行方不明だったら時空の歪み説を推す。あんだけの質量と人間があっという間に消えるとか、生き物の仕業とは思えない

58: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:13:24 ID:tpK0MlFdj
フラットウッズ・モンスターって、確か何人もの目撃者がいるんだよな
ネットもない時代にほぼ同時期、広い範囲で同じ証言が出るとか、もうそれだけで実在する証拠になるだろ
o0450060812741125498

フラットウッズ・モンスター
フラットウッズ・モンスターは、1952年9月12日にウェストヴァージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町でUFOとともに目撃されたといわれる有名な「宇宙人」、あるいは未確認生物である。別名はブラクストン郡のモンスター、10フィートモンスター。日本では「3メートルの宇宙人」の名で知られている。
フラットウッズ・モンスターは高さ10フィートという驚くべき高さの生物で、人間のものではない光る目をした、明るい赤い顔の、スペードのエースのような形状の頭で、明るい緑の衣服をひだ状にして腰から吊り下げている、短い腕で(あるいは腕がなく)爪のような手を持ち、浮上して動くという。


http://ja.wikipedia.org/wiki/フラットウッズ・モンスター


60: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:40:53 ID:nFrE7yP6a
ニホンオオカミどこかにいないのかよ

64: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)19:15:28 ID:4SVACpqjo
>>60
???「22世紀にもオオカミの群れがいるんだ
20世紀にいないわけないだろ」

66: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)20:12:03 ID:R7SMZnICX
>>65
何の作品?

67: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)20:21:55 ID:nQqjevZA0
>>66
ドラえもんだわ
一回、全巻読んでみろよゾクゾク出来る話いっぱいあるぞ

63: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)19:14:18 ID:QRAoLJKQ0
イエティとビッグフットと雪男の違いがわからん

68: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)21:20:25 ID:19uMkcCne
ここまでフライングヒューマノイドもモスマンもないとか。
まあ、モスマンは流石に嘘くさいが
2_3

フライング・ヒューマノイド
フライング・ヒューマノイドは、UMA(未確認動物)、未確認飛行物体の一種。人間に似た形をしており、皮膚の色は黒またはこげ茶。空中を飛ぶ事が可能である。超常現象の一種とされる。
この未確認飛行物体は世界中で目撃が報告されており、特にメキシコで目撃されることが多い。大きさは3m程と推測されているが、空中に浮かんでいるため実際の大きさは不明である。形がかなりまとまっておらず、それぞれによって形が違う。大抵、人間のように見えるが、グレイのような形のものも撮影されている。また、類似のものにフライング・ホース、フライング・ワームがある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/フライング・ヒューマノイド 
250px-Mothman_statue_2005

モスマン
モスマンは、1966年ごろアメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を脅かした謎の未確認動物(UMA)。宇宙人のペットであるとの説(エイリアン・ペット説)もある。
体長は約2m。腕はなく、背中に大きな翼を持つ。その翼をはばたかせる事なく、自動車よりも速く飛行する。目撃者の多くは、モスマンを一瞬しか見ておらず、モスマンの顔はあまり詳細まで覚えてはいないが、目がギラギラと赤く輝き、目と目の間隔が大きく開いていることだけは、多くの目撃者の証言が一致している。 ネズミやコウモリに似た「キィキィ」という鳴き声を発したという証言もある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/モスマン

元スレ:http://open02.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1399088013/

 

05



キリンやシマウマあたりは、後世の人間が聞いたら信じてもらえないかもしれませんね