b1a36264

●「投稿怪談」として  名無し さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 名無し さん 2016/3/27(日) 04:44:44.44 

Taishi と申します。
この間の「海辺の」を投下させてもらった者ですが
前回は、名前忘れに文章メタメタで申し訳ありませんでした。

今回は、座敷わらし談です。現在進行形でのお話です。
場所は、愛媛松山です。因みに、アカシャグマやないん?との声も聞かれそうですが髪は黒でしたww


事の始まりは
約4年前に実家の近くに競売で売りに出された築23年の家を購入しまして、3ヶ月後位に家の庭を直した頃からのお話です。
ちょうど2月か3月頃


家族スペック
ワシ 嫁 6ヶ月の娘(今は更に娘二人追加)

家のスペック
総敷地214坪
建坪約45坪 5LDK  144㎡
庭100坪位


あと倉庫と駐車場庭をきれいに直した頃から家の中で気配がするようになりました。
私が気がついたのはその年の9月でしたが
昼寝してるとき茶色い着物を着た子供の足が私の周りを走り回ってたのです。
足がと書きましたが足しか見えませんでした。

びっくりして嫁に
「なんかおったぁ!!」
嫁「ん?あんた前に座敷わらし出るいうたやん?前から居るよ」
私「……そ、そう」

確かにこの土地は競売で購入したんですが、もともとは私の一族の土地でうちの母屋でした。
そこの仲の良かったおばあちゃんから悪い事の起きる前に女の子のご先祖さまが赤い服をきてあそこに立つのよと昔聞いた事がありました。
嫁にも何かを出るかもよ?っと話してましたが普段から出るとは聞いてませんでした。

嫁いわく平成26年2月頃から居るとの事です。
入浴中に磨りガラスの向こうに女の子が立ってたり、昼間2階の戸が開いたりしまったり、誰かが廊下や2階を走ってたりするそうです。


この数ヵ月後、座敷わらしだと決定付ける出来事がありました。

実際に、座敷わらしを目撃します。
それは子供たちを寝かし付けている際、ふと座敷の床の間を見ると立ってました。
黒髪でオカッパ、淡いピンク色の着物を着た女の子でした。
身長は120センチ位、顔はしっかりみたのですがボンヤリしてて思い出せませんでした。
私が気付くと滑る様に床の間の柱の影に消えて行きました。

それ以後は座敷の襖が勝手に開いたりしまったりするくらいで、姿は見えてません。

現在上の子は4才前になってますが、その女の子が日常的に見えるようでよく「バイバイー、またね」などと声を掛けております。
真ん中と下の子もよく見えているようです。
私たちも生まれもった物なので否定せずに「仲良くせないかんよ」と声を掛けております。


まあこんな話もあるという事でここに投下させてもらった次第です。
また進展がありましたら報告させてもらいます。


1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【拡散】桜の起源が【 韓国ではない 】ことが正式に報道される!!!

【悲報】卵かけご飯はハゲの原因だった!?

ケンミンショーでねーわと思った自分の地元の情報

うしみつ四コマ更新中