1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 17:12:30.30 0.net


a7a89d2b5f3500cfa83ee79d57f83286

清田 益章

清田 益章(きよた ますあき、1962年4月30日 - )は、1970~80年代にかけて超能力者としてマスメディアに取り上げられた人物。
「エスパー清田」とも呼ばれる。スプーン曲げなどの念力や念写などを披露した。2003年春に「脱・超能力者」を宣言し、イベント企画会社の代表を務める。
東京都生まれ。専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。1974年にユリ・ゲラーが話題になったのを機に全国で見出された、いわゆる「超能力少年・少女」たちの一人。かつての超能力少年たちのほとんどがトリックを暴かれるなどして姿を消していった中で、青年になって以降も何らかの形で(その機会はきわめて数少ないながらも)メディア出演等といった表舞台で活動していたと言えるのは清田一人のみであった。1974年には火星にテレポートしたと話しており、ゼネフという肉体を持たない宇宙人とは何度もコンタクトしていたという。当時は火星で見た景色は実際の火星の景色と似ていると話題になったという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/清田益章