moonwifi04

1: あずささん ★ 2016/04/01(金) 17:11:27.27 ID:CAP_USER*.net
宇宙人が地球を発見し侵略しようとする事態に備えようと、米コロンビア大学の天文学者が、レーザーを使って地球の姿を覆い隠すというアイデアを31日の英天文学会誌に発表した。

この方法を提唱しているのは同大のデービッド・キッピング教授と大学院生のアレックス・ティーチー氏。

米航空宇宙局(NASA)などが行っている地球型惑星の観測では、惑星が恒星の前を通過する際に光が暗くなる現象をとらえてそうした惑星を探している。キッピング氏らは、高度な文明を持った宇宙人もこれと同じような方法で地球を見付ける可能性があると推定した。

そこでレーザー光線を照射することで、地球が太陽の前を通過する際に光が暗くなる現象を覆い隠す方法を考案。
「レーザーは照準を絞って照射できるので、人工的な通過現象を作り出すことも可能だ」
「そこから1歩先へ行き、レーザーシステムを使えば地球の通過を完全に覆い隠すこともできると考えた」
とキッピング教授は説明する。

レーザー照射に必要な電力は、米国の70世帯が1年間に消費する電力量と同程度で済むといい、「この種のレーザーは既に開発されているので、この装置は今日にでも建造できる」とキッピング教授は話す。

このアイデアについて地球外知的生命体探査プロジェクト「SETI研究所」のセス・ショスタク氏は、「これほどの波長の可視光線を出すためには相当のエネルギーが要る」「それに、もし相手が既に地球を見付けていたとして、突然その姿が消えたなら、それこそ人類が存在するという信号を送っているようなものだ」と指摘している。

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35080508.html