375: 本当にあった怖い名無し 2018/01/18(木) 20:00:43.07 ID:KJawMeNh0
もう20年以上前の話。
大学の友人と貧乏旅行を楽しんでいて、春休みに夜行列車に乗った。
夜行と言っても寝台ではなく、座席の各駅停車。
俺らと同じような学生なとで全車ほぼ満席、俺と友人はボックス席の窓際に向い合わせで陣取っていた。
大学の同学年の女の子の話などしていると、途中駅で乗ってきた客の一人に、見るからにおかしい奴がいた。
20代後半から30代くらいの男で、薄汚れたシャツにボサボサ頭、首には何だか大きなアクセサリを着けている。
しかしなぜか笑顔で、見知らぬ他の乗客に愛想を振り撒きながら、俺達の座席の通路を挟んだ向こう側の空席に腰かけた。
そいつの隣には俺らと同年代くらいの女の子、そいつは座ったとたんにその女の子に何やら話しかけ、女の子は嫌そうな顔をしている。
俺らは「何だあいつ、馴れ馴れしいし臭いし最悪だな」みたいなことをコソコソ言い合った。
話し掛けられたら厄介なので俺らは眠ったふりをすることにした。
と、それを察したのか、女の子に相手にされなかったそいつは、今度は俺らに話し掛けてきた。
「どこまで行かれるんですかあ?」
眠ったふりをしかけた俺らに容赦なく愛想を振り撒き接触を試みるそいつ。