01
1: シャイニングウィザード(宮崎県) 2013/08/01(木) 14:21:45.94 ID:khxbhJr20● BE:290102472-PLT(44620) ポイント特典
 日本には最強クラスの心霊スポットがいくつかある。マニアにベスト5を挙げてもらうと、山梨県の青木ヶ原樹海、神奈川県の
小坪トンネル、沖縄県のひめゆりの塔の3つは必ずランクインする。この3か所のうち、明らかに他の2か所とわけが違うのは、
ひめゆりの塔だ。なぜなら、本州の中高生の修学旅行先が沖縄だとすると、戦争の悲惨さを学ぶために、間違いなくコースに
組み込まれるから。
 都内の私立高校男性教諭は「修学旅行先というのは歴史のある土地だから、心霊スポットと重なりがち。ただ、戦争の舞台で
多数の戦死者が出ただけに沖縄は他の場所とは桁違い。伊原第一外科壕、糸数壕、ひめゆりの塔など、霊感のある人は中に
入れない場所ばかりなんです」と語る。また、これらの沖縄スポットは、霊的には古墳や古戦場などと違い、霊がフレッシュなのだという。
ある有名霊能力者は「霊が人間の形をしているのは、平安時代くらいまで。古墳時代の霊はなんかドロッとした泥みたいで、
人間の形を保ってないね。100年前までの霊なら新鮮だから、霊が見える人間への影響力は強い」と説明する。
 そんな前提の上で、前出の男性教諭の話に戻ろう。
「ボクもちょっと霊感があるんで、沖縄への修学旅行はすごく嫌なんです。ただ、教諭としての立場上、霊を認めるわけにいか
ないので、そんな態度は出しませんが…」と同教諭は明かす。この教諭によると、沖縄への修学旅行が怖いのは“霊感教師”だけではないようだ。
「多感な女子生徒たちは、1人が何かの拍子に泣き崩れるだけで、女子全員に伝染し、ちょっとのことで集団パニックになってしまう。
それが沖縄の心霊スポットになったらなおさらです。集団パニックでけがされたら大問題なので、沖縄の修学旅行は、行く数か月前
から緊張しますね」(同)
霊感スポットで、実際に生徒たちが集団パニックに――そんな場面に遭遇したら、ビックリどころか背筋が凍りつくだろう。こうなると
女子校の沖縄修学旅行は、かなり緊張したものになる。

以下ソース
http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwrighter-note/119/