1: ドラゴンスリーパー(北海道) 2013/08/10(土) 20:53:43.13 ID:jUS5xViU0 BE:1831088873-PLT(12035) ポイント特典
これは異世界の写真なのか!? 怪談師・牛抱せん夏に憑りついた妖怪が判明!?

no title

 写真をご覧いただきたい。これは同日同地で撮影された写真であるのだが、この写真には何点かの
怪奇現象が起こっているのにお気づきだろうか?

 まず、第1の怪奇はこの写真に収められている場所である。椅子の座席の裏側が全面に写された
写真なのは明らかではあるが、なぜか中央にメラメラと燃えてしまっている牛抱の姿が見える。まるで
合成写真のような一枚であるが、これも前回同様一切の細工はしていない。

 二重三重に不思議なこの写真・・・いったいなぜ彼女はこのような写真が撮れてしまったのだろうか?

  前回、写真を鑑定した風水師・霊能者のあーりん女史はこの写真についてこう語っている。
「同じ環境で時間差で撮られたような画像がなぜ座席の画像の上に二 重撮影みたいになってるのかは
わかりません。携帯のカメラみたいなデジタルでフィルム写真みたいな二重撮影ができるんでしょうか?
これも霊は写っている ので心霊写真の一種といえます」とのことである。

 また、牛抱は大阪のテレビ局で会った女性の霊能者Cさんにもこの写真を見せたところ、もっと具体的な
霊の存在を指摘されたという。霊能者Cさんの話では今現在、牛抱せん夏に憑りついているのは
「牛鬼(ぎゅうき)」という妖怪だという。「牛鬼」とは体は蜘蛛、顔は牛という妖怪で、毒を吐き人間を襲い
食い散らかすという非常に獰猛な妖怪である。アニメの『ゲゲゲの鬼太郎』では「最強クラスの妖怪」と
して描かれていたためご存じの人も多いかと思う。

 牛抱せん夏に憑りついた「牛鬼」はCさん曰く「(牛抱の)命を食べようとしている」という。
なぜ牛鬼が牛抱せん夏に憑りついたのかは不明だが、牛鬼は四国の妖怪とい う説があり、
牛抱がライブを行った高知にも現れ江戸時代に村人によって退治されたという伝承が残っている。

 牛抱せん夏に憑りついた牛鬼はCさんから教えてもらった「とある方法」にて除霊が行われ、
現在は無事に回復しているという。(山口敏太郎事務所)
http://npn.co.jp/article/detail/76067974/