f4a9fa37

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 14:38:42.41 ID:ilUNG3Ey.net
議論してください
d5a3001f2f89c732cb1036d5625b7a09

親殺しのパラドックス
親殺しのパラドックスは、タイムトラベルにまつわるパラドックスで、SF作家ルネ・バルジャベルが1943年の著作 Le Voyageur Imprudent(軽はずみな旅行者)で最初に(この正確な形式で)描いた。英語では grandfather paradox(祖父のパラドックス)と呼ぶ。
すなわち、「ある人が時間を遡って、血の繋がった祖父が祖母に出会う前に殺してしまったらどうなるか」というものである。その場合、その時間旅行者の両親のどちらかが生まれてこないことになり、結果として本人も生まれてこないことになる。従って、存在しない者が時間を遡る旅行もできないことになり、祖父を殺すこともできないから祖父は死なずに祖母と出会う。すると、やはり彼はタイムトラベルをして祖父を殺す……。
このように堂々巡りになるという論理的パラドックスである。


http://ja.wikipedia.org/wiki/親殺しのパラドックス