過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
437: 本当にあった怖い名無し 2018/02/22(木) 01:27:55.55 ID:Xnq409yk0
数年前俺は大学を卒業してから就職に失敗して家で半分ニートのような暮らしをしていた

当然彼女もおらず性欲の処理が必要なわけで
その日も深夜いつも通りネットで動画を見ながら自分のものをいじっていた

しばらくして動画の声とのギャップでふと外の静かさを感じた時
急に部屋のドアの方が何かがぶつかるような音がした
俺は驚きすぎて椅子の上で思い切り飛び跳ねてしまった
家には母と妹しかいないはずだがドアからした音は体の大きな大人がそこそこの勢いでドアにぶつかったような感じがした

ドアがゆっくり開き始めると俺はもうオ〇ニーを見られる恥ずかしさと恐怖や混乱が混じり合い頭が真っ白になっていた
ドアが開ききるとそこには五年前に死んだはずの父親が無表情で立ち尽くしていた
俺は股間が寒いとかよくわからない事を気にしながら口をパクパクしていたと思う

それから父親は急に近づいてきて
あろう事か俺に向かって精液を放った
いつ取り出したのかわからないが気づくと父親のズボンからはぶつが飛び出していた