no title

1: 天之御名無主 2014/01/04(土) 20:22:46.64
どうしてカルナは
あそこまで不幸の連続に襲われたのか
悪いのはインドラか?

no title

カルナ
カルナ(कर्ण IAST:Karṇa)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する不死身の英雄。クンティーがクル王パーンドゥの妃となる以前に、太陽神スーリヤとの間に生んだ子。

カルナは様々なネガティブ要因に見舞われた悲劇の英雄である。
パラシュラーマの下で修行したときには、バラモンであると偽って弟子入りしたことが露呈し、クシャトリヤを深く憎むパラシュラーマの逆鱗に触れ、呪いを受けた。パラシュラーマの呪いは、カルナに匹敵する敵対者が現れ、絶命の危機が訪れたとき、授けた奥義を思い出せなくなるというものだった。
バラモンの飼う牛を誤って殺してしまい、緊急の際に戦車が動かなくなる呪いも受けた。敵の大将であるユディシュティラを必殺の状況に追い詰め、大勝利の機会を得たが、母と交わした誓いに従い見逃した。
カウラヴァ陣営でありアルジュナとの決戦で御者を務めたシャリア王は、パーンダヴァへの義理(元々はパーンダヴァに味方するつもりが成り行きでカウラヴァについた)を果たすため、カルナの戦意を削ぐ言動を繰り返した。また、カルナの武力を恃みに和解を拒み、暴走しがちなドゥルヨーダナを掣肘するために、穏健派で占められた宿将達から不当に実力を貶められることも多かった。
中でも彼にとって最大の不運だったのは、戦争直前、アルジュナに勝利を与えようとするインドラ神の策略によって黄金の鎧を喪失したことであった。クンティーは、初産の不安と子供への愛情から、スーリヤの子を産む条件として、生まれてくる子供が父と同じ黄金に輝く鎧を所有することを要求した。その結果、カルナは黄金の鎧と耳輪を身に着けた姿で生まれてきた。この鎧は皮膚のごとくカルナの体の一部としてつながっていたため、脱ぐことができなかったが、この鎧が彼の体にある限りカルナは不死身であった。カルナは毎日正午に沐浴し、父である太陽を礼拝する習慣があった。そしてそのときバラモン僧が施しを求めてきたならば、何を乞われても望みの品を贈っていた。そこでインドラはバラモンの姿に化けて正午にカルナの前に現れ、彼の黄金の鎧を所望した。カルナは驚いて、この鎧は自分の体と一体になっており脱ぐことができないと説明し、別のものを要求するよう懇願した。しかしバラモンはそれを拒否し、彼の鎧を要求し続けた。そのうちカルナはこの僧の正体に気づき、その要求にこたえることにした。彼は苦痛に耐えながら小剣で体とつながっている部分を切り裂いて、体を血に染め、微笑を浮かべながら鎧をインドラに手渡した。その見事な振る舞いに感心し、自ら恥じ入ったインドラから、代わりとして一度のみ使える必殺の槍を授かったが、到底釣り合うものではなかった。この事実を知って、パーンダヴァに与するものは安心し、カウラヴァに与するものは大いに嘆いたという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/カルナ